« 背中が怠い | トップページ | 軽量化 »

2011年7月 5日 (火)

フィンガーパドル

0705 先週金曜日のスイムの時、先生からパドルを削ってくれと頼まれていた。手のひら全体のパドルを削って小さくして指先用にするらしい。
 元ネタの手のひら用は宮若スイムクラブとして所有しているヤツで、アクリルっぽい四角い樹脂板に穴を開けてゴム紐を通しただけのヤツ。これの前後を円弧状に削って指先だけに水圧がかかる仕様に改造したいと。
 プールの中でだいたいの話は聞いていたけど、イマイチ不安が有ったので取りあえず1個だけ削って見てもらう事にした。今日はプールに行こうと思っていたので、仕事が終わってからドリドリ1号にパドルを付け、G02とG03を駆使して(笑)前後の円弧を削りだした。
 B&Gに持っていってしばらく自分で使ってみたらイイ感じ。と言うか今までこんなの使ったこと無いのでどれが良いのか悪いのかとか解らないのが正直な感想。
 しばらくしたら火曜日のレッスンのために先生が来たので、パドルを見せて色々と意見を聞いてみた。ほぼイメージ通りに成っているらしいけど、工作が面倒で無ければ左右を非対称にして小指側をもう少し削り込んで欲しいらしい。ドリドリ君ならそう言う作業は得意なので問題ない。
 今日の話で形が決まったので、残りのパドルも空いた時間に最終形状にドリドリ1号で削ってしまおう。それと今の材質は少し硬いので、ナフコで柔らかめの材料を見つけたらそっちでも試作をしてみよう。
 そしてそして、山崎重樹(モスクワオリンピック自由形代表)監修の製品として大々的に売り出し(笑)、宮若スイムクラブの経費の一部にしよう。ハハハ。いいぞ。
 それにしても短い指だ。。。指だけじゃない、手も脚も短いぞ。。。こんな武器で長濱とかウミウシ君みたいにデカい奴らと戦わないといけないわけで、うーん、皆生ではデカい選手は少し手加減しろよ!と今のうちに叫んでおく。

 上にも書いたようにB&Gで泳いだ。レッスン前の先生から色々と個人指導をしてもらった。以前はロボットが泳いでいると言われていたけど、今日はワニが泳いでいるみたいだと言われた。
 ロボットよりは動きが滑らかに成ってきて、水上に存在していても違和感は無いレベルまで到達したと言う誉め言葉だと受け取っておいた。
 先生も言っていたけど肩が固いのが一番の原因だろう。これは一朝一夕には修正できないと解っている。だから2年前くらいからタオルを使わずに手だけで背中を洗う努力をしている。手の届く範囲は全然広がらないけど。
 後は身のこなしというか動きの改善によって、泳ぎの上手いワニに変化していく位しか思いつかない。うーん、今年の皆生には間に合いそうに無いけど、去年はロボットで今年はワニと考えると凄い進歩のような気がしてきたぞ。

スイム 2.5km

|

« 背中が怠い | トップページ | 軽量化 »

コメント

*フィンガーパドル買いますよ。早期の開発を!

また、フットパドルも欲しいところです。

ワニさんや、私をもっと速くして下さいな。

投稿: ラ・モート | 2011年7月 6日 (水) 20時31分

 ミズノのヤツが2,000円位で売っているんですね。。。でもこっちのはオリンピック選手が直接開発に関わっている訳ですから、もっともっと高値で売りつける予定です(笑)。

 脚のやつは高いですね。おもちゃ屋で売っている1,500円くらいの足ヒレで代用出来ませんかねぇ・・・。

投稿: みつやす | 2011年7月 6日 (水) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 背中が怠い | トップページ | 軽量化 »