« 背水の陣 | トップページ | コテンパンにやられた »

2011年6月28日 (火)

諦めも必要

0628 キックが遅い。足首が柔らかく成らない。トライアスロンの為に水泳を始めたときからの悩みというか乗り越えられない大きな壁。
 広島で自分で練習していたときには、12.5m地点でバックしたりするくらいだった。今ではオバチャン達に混じってキック200mとかのメニューをこなせるけど、周回遅れにされることも多々ある。
 コーチから言われたとおりに毎晩足首の柔軟はしている。3年くらい毎日やっている。でも5度くらい変化したかな?と言う程度。必死に伸ばして脛と足の甲が180度に成る程度。普通に泳ぐくらいの力加減だと170度くらいまで戻る。
 これ以上悪化するのも困るので柔軟は続けるけど、或る程度の諦めも必要なんじゃ無いかと思い始めた。諦めなければ夢は叶うのかもしれないけど、あまりにも目標から乖離しているときには別のルートを探した方が良いときも有ると思う。
 ステッドラーの水色の人型定規を動かしながら考えて居たのだけど、私は最も周速の速い足首部分が変なピッチに成っている訳だ。でもさらに拡大して見ていくと、先端の指の部分は内側に曲がるじゃないか!と気がついた。
 足の甲の効率が悪い。もしかしたら脛の推力で進んで足の甲は抵抗を生み出して居るかもしれない。そんな私の脚の中でも最先端の指を曲げたら先端だけは推力が出るんじゃ無かろうか?
 今までも数々の姑息な手段を考えて試してきたけど、今回の案は一番効果が有りそうな気がする。早速試してみたいけど、気がついたのはプールから帰ってからだったのでまた次回。

 暑かったので迷わずプールへ。脚の運動も兼ねて自転車で如来田を超えてB&Gに行った。私が来るまでは子供達が居たらしいけど、私が来た時間帯からは完全に貸し切り状態だった。
 今日も腕の軌跡を考えて泳いだ。肩を過剰にローリングさせる意識で動かすと、水中の腕の肘から先が下を向かずに水平に近く出来るのに気がついた。これが効率のよいフォームかどうかは解らない。
 キックも延々とやった。上記の指曲げに気がつく前だったので試せなかったのが残念。特に左足の効率が悪くて、下げるときに毎回チャポンチャポンと音がするのがカッコワルイ。左足首は右に比べて5度くらい上を向いているので仕方が無いのだけど。
 最後に50mを適当に泳いでみたら、44秒、45秒、45秒、が出た。今までこの程度の力加減では48秒から50秒前後が普通だっただけに、何か変わってきた感じがして嬉しかった。

スイム 2.0km
バイク 20km

|

« 背水の陣 | トップページ | コテンパンにやられた »

コメント

皆生での泳ぎを楽しみにしてます!!

投稿: なお | 2011年6月29日 (水) 17時25分

足先をまっすぐでなく内側に振ると、もう少し曲がりませんか?あとは蹴り方じゃないでしょか。バシャバシャやたらと蹴るのでなく、足ヒレででっかい水の塊を後ろに送るようにしっかり蹴るというか、ぼくの足先もまっすぐ向きだと180度ぐらいしか行きませんが、キックで50m1分回しの50秒ぐらいなら余裕でいけますよ!

投稿: 鬼 | 2011年6月29日 (水) 18時20分

>なおチャン

 今年はあなたが居らんからスイムの張り合いが無いよ(笑)。トラブルが無ければ1時間は切れそうな気がするけど、55分は来年くらいかね。

>鬼コーチ

 内また気味にすると少しだけ改善します。勢いで誤魔化すキックは駄目とスイミングの時も言われるのですが、綺麗な動きのつもりで蹴ると全く進みません(笑)。
 背泳ぎのキックの時だけは、なぜか進む意識を感じるときが有りますね。実際に背泳ぎのキックの方が速いし。理由は解りません。

投稿: みつやす | 2011年6月29日 (水) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 背水の陣 | トップページ | コテンパンにやられた »