« 雨で仕事 | トップページ | プローブの修理 »

2011年5月29日 (日)

VICTOR 6243+

0529_2 今日は安っぽいLCRメータの話し。いや実際に安いのだから「ぽい」ではなくて「安い」と言い切るのが正しい。下品な色使いと妙にエルゴノミックなデザインがその手の商品の雰囲気を醸し出している(笑)。
 画像は先日のスカスカに成ったオイルコンを測定しているところ。104表記すなわち10x10^4pFの容量の筈が、0.004nF=4pFまで減っている事が解る。いくら安物メータと言っても5桁の違いは分かるだろうから、このコンデンサは不良と判断できる。
 これの特徴はとにかくデカいこと。横の三和や下のA4の紙からサイズが想像出来るけど、実際に手に持ったら戸惑う位のサイズが有る。でもそのおかげで液晶もメチャデカいので、これなら老眼が進行しても文字が読み取れそうで安心。
 買うときの判断基準も文字のデカサだった。ハンディーのLCRメータに難しい精度は求めてない。だって抵抗はE12系列しか在庫して無いしコンデンサはE6+αくらいしか持たない程度の人間なのだから、数ある安物LCRメータの中から一番文字の大きい物を選んでも十分だろうと思う。
 この手の世界は追求し出すときりが無くて、ハンディーの高級品を見ているとHIOKIとかリーダーとかhpの中古品が目に止まりだし、それだって特定の周波数だからとか考え出すと、今度はネットワークアナライザとかが気になり出す(笑)。
 個人でネットワークアナライザを所有して、コンデンサ1個を測定して谿谷みたいなグラフと複素数の計算式で悦に入るのも悪くはない。マラソンのタイムを少しでも縮めようと雨の中を走るランナーと大差ない。。。と思う。

 昨日から雨と風が激しいので外でのトレーニングは諦めていた。暑ければランニングも悪くないけど、ここ数日は雨中を走るにはあまりに寒すぎる。
 と言うことで昼過ぎに飯塚のプールに行った。嫁さんに聞いたら行かないと言うので今日は一人で。せっかく一人なのだから2時間券を買ってしっかり泳ぐ事にした。
 技術的なドリルはスクールでやるので、今日は比較的長時間を泳ぐことに。時間的に1kmを4本泳ぐことにした。私のペースでは1kmがほぼ20分なので、20分泳いで5分休みの繰り返し。
 最初の1本は右呼吸のスイムで、2本目は左呼吸のスイム。3本目と4本目はプルブイを付けて左右呼吸のプルにした。
 それほど速くは成ってないけど、滅茶苦茶疲れる事もなく途中で嫌になることもなく、最初に予定したとおりに4本をきちんと終える事が出来た。本当に少しずつだけど上達はしているのかもしれない。

スイム 4.2km

|

« 雨で仕事 | トップページ | プローブの修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨で仕事 | トップページ | プローブの修理 »