« PIC18F14K50さんはちょっと変態 | トップページ | 電池を拾った »

2011年5月 3日 (火)

USB電圧の安定化

05031 PICkit2のような物が順調に動き始めた。VddもVppも書き込みソフトから0.1V単位できちんと設定できるのには感心した。そうなるとUSBからの給電がPCによっては低いのが気になり始めた。
 最初はMC34063Aを使って6Vくらいまで上げてそれを低ドロップのレギュレータで5Vに落とそうかとか、ダイオード数本で4V以下に下げてそれを昇圧しようかとか、色々と考え始めた。
 世の中にはステップアップ/ダウンコンバータコンバータなる物が存在するのは情報としては知っていたので調べてみると、TPS61240と言うICを見つけた。RSで買えるしこれで行こうと思ったけど、サイズを見てから絶望した(笑)。
 現実路線で調べ直すと、手持ちのダウンロード資料の中にモトローラのAN954と言う資料を見つけた。これなら手持ちの部品で作れそうな感じなので早速定数を計算し、部品の中から計算値とかなり違う(笑)値の部品を探し出して組み立てた。
05032  モトローラ様の資料だけ有って普通に動いた。ちょっと感動した。PICkit2の要求電流は解らないけど、回路を駆動する事は無いので最大で50mAと考えて設計・測定した結果がこれ。
 4.5Vから5.5Vまでの入力範囲において、出力電圧は5.21Vと安定していた。効率は左図の通りで低めだけど、電力的な用途じゃ無いので文句は言わない。多分、定数を最適化して計算し、その通りの部品で組んだら0.65位は行くんじゃ無かろうか?
 これをPICkit2のような物の前段に付ければ、4.5VしかでないUSBポートでも安心して書き込みが出来そう。でも電圧の立ち上がりが遅かったりして、差し込んだ瞬間の挙動とかが不安定に成るかもしれんな・・・。

 260kmの疲労はほぼ抜けたし、古い御堂を壊した廃材は全て薪棚に収納した。黄砂が酷いけど取りあえず今日は走ることにした。
 早めに出たので長めのコース。犬鳴川沿いを走ってかゆだ橋まで行き、ぐるっと回って倉久経由で帰ってきた。
 楽な気持ちで走り始めたので前半は楽だったけど、15kmを超えるあたりから脚が怠くなり始めた。こんな事で皆生が走れるかな?と少し不安が。

ラン 25km

|

« PIC18F14K50さんはちょっと変態 | トップページ | 電池を拾った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PIC18F14K50さんはちょっと変態 | トップページ | 電池を拾った »