« 4kmしか走っとらん | トップページ | 良く確認しましょう »

2011年5月23日 (月)

割れた磁石は接着剤で。。。

05231 昨日の赤い不法投棄物。フライホイールと冷却ファンの周辺に迷い込んだ?プラグと座金のせいで、フライホイール内側の磁石が一部割れてしまっている。さらに外周部の点火信号用突起も削れている。
 そのまま捨ててしまえば良いのだけど、どうも性格的に壊れた機械とか調子の悪い機械が気になって仕方がない。そのまま捨てたら寝付きが悪いし、放置していたらメーカーの技術者から笑われて居るような気がして気分が悪い(笑)。
 と言うことで取りあえず修理。磁石は割れたら小さな磁石に成ると小学生の頃に習った記憶が有るけど、元通りの位置に接着したらどうなるかは教えてくれなかった。調べるのも面倒だったので勝手に接着。
 これは単純なフライホイールマグネトの磁石じゃ無くて、この機械のメイン機能である発電を行う最重要部材だったりする。それを適当な判断で接着して良いものか??と思うけど、新しい部品を買う程じゃ無いので強行した。
05232  次は外周部の突起。磁石とコイルを組み合わせたピックアップの前を通り過ぎる時に、前と後のエッジで磁束が急変して正負のパルスが出る・・・と思う。
 と言うことは前後のエッジの部分はかなり大事なわけで、削れたままでは基本点火時期とか進角とかが変に成ると予想される。
 最初は鉄粉を混ぜたエポキシを充填しようかと思ったけど、磁気的な特性が違いそうだし、じきに錆びてしまいそうだし、遠心力が剥がす方向だし・・・、と考えて止めにした。
 内側には磁石が接着されているので嫌だったけど、磁気的に同じ特性にしたかったので溶接肉盛り後に削って形を整えた。
 肉盛りの筋が見えてもう少し綺麗にやり直したかったけど、内側の接着剤とか磁石に悪影響が多大に有りそうな気がして、この辺りで手を打った(外側の傷は写真では酷いけど、エッジ強調されているだけで現物は丁寧なグラインダ仕事程度です)。
 組んでロープを何回か引いたらエンジンがかかった。でも始動性がイマイチ良くない。試しに隙間でゴロゴロ転がって傷だらけのプラグに交換してみたところ、ロープ1引きでエンジンがかかるようになった。なんかおかしいけど結果オーライだ。今度ナフコに行ったら新品を買ってこよう。売っているだろうか?

 朝からずっと雨。昨日の宿題として多めのトレーニングをしたかったけど、まあ天気には勝てないので控えめなトレーニング。ガレージで3本ローラを1時間程度。
 久し振りに乗ったらキョロキョロする。バランス能力が落ちているのかもしれない。年をとればとるほど、色んな事を毎日欠かさずやる必要が有るのかも?とか考えてみた。

バイク 35km

|

« 4kmしか走っとらん | トップページ | 良く確認しましょう »

コメント

投棄場所は選ぶべし?

悪い投棄と良い投棄
場所を選べば悪い投棄も良い投棄になりなりでした。
今回のガラガラはふつう完全だめなところを
だめ押しの逆手で悪因の大元なプラグで止めの復活とは!

秘密の場所でのデートは元気が出れば良いですけど
数年後に同じ病棟で同病相哀れむ事無いように・・・
と書きつつもフィールドでガーガー鳴物出来たらここに書きます?

投稿: 山向うの住人 | 2011年5月23日 (月) 22時42分

 あれを作業して落としてしまった人、背筋が凍ったでしょうね(笑)。そして知らんぷりして張り紙して倉庫へ・・・。
 もう一個の方はプラグのオイル堆積物が酷いので、リングかバルブステムからオイルが入っているようです。

 過ぎたるは及ばざるがごとしと言いますしね。取りあえず10倍位の変化がちゃんと解る位のヤツを作ってからにしましょう。
 適当にネタにして書いていきます。

投稿: みつやす | 2011年5月23日 (月) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4kmしか走っとらん | トップページ | 良く確認しましょう »