« カボス君を食べてしまう | トップページ | 新しいパソコンは4,800円 »

2011年5月16日 (月)

さようなら

 昼過ぎにワンジルの件でコメントを貰って驚いた。詳細は解らないけど、各社の記事によると死んでしまったことは間違い無いらしい。24歳、あまりにも早すぎるしあっけない。
 遠い異国の地だし、去年くらいからきな臭い話が沢山出ていたので、本当の状況とか死因は解らないだろうと思う。はっきりしているのは、類い希な才能を持った若者が死んでしまったと言う事。

 土日と特にランの負荷が高かったので、今日は休むか少なくともランはしないと思っていた。でも仕事をしながらやっぱり走るべきだろうと言う気持ちに成ってしまった。
 走り出しはメチャ重い。これはメンタル面ではなくて純粋にフィジカル的に。でも今日はそんな事どうでも良かったので、取りあえず走って西中まで行った。途中で何カ所も過去にワンジルと出会ったポイントを通過した。
 普段は西中の校内の水道の所に行くのだけど、今日はトヨタの寮の出口の方に行った。そしてそこから自分なりの追悼ランのスタート。そこが私が勝手に決めたワンジルロードの起点だから。
 西中の横を通って小さな峠を越える。彼はどんな気持ちでこの道を毎日走って居たのだろう?前にも書いたけど、トレーニング中のキツいこと以外で、日々の生活では我慢するような事はなく、楽しく暮らせて居たのだろうか?
 そのままアップダウンの有る歩道を走り続けてトヨタグランドに出た。実業団は練習していなかったけど、何時も会うオッサンが居た。私を見るなり「ワンジル死んだねぇ。。。」と話し始めた。やはりショッキングなニュースだったらしい。
 いつもは走らない1レーンを1周した。彼はここを黒い弾丸のように疾走していた。前歯を出して少しだけ顔を傾けて、彼の真似をしてみた。最後の100mをダッシュしたけど溜まった疲労で全然速くなかった。
 誰もコース内に居なかったので、レーン内に立ってしばらく手を合わせた。白骨の章が思い出される。彼が浄土真宗の筈は無いけど、どんな宗教でも似たような死生観は有ると思う。でもヤツは紅顔じゃ無くて黒顔だなとか、不謹慎なことを思ったりした。
 その後で土の外周路を1周した。クロカンコースはもう無い。コース長も500m丁度じゃなくて計算がしにくくなってしまった。そんなことすらヤツは知らない。
 グランドを走り終えたら急に走るのが面倒に成った。いつもは通らない近道を通って家まで帰った。

 帰る途中で時間について考えた。何が凄いって時間は凄い。どんな物にも人にも平等に影響力を及ぼす。金持ちも貧乏人も善人も悪人も差はない。放射能だって時間が経てば効力を失う。
 物として生まれてきた瞬間から、その物は時間の呪縛から逃れることは出来ない。そして唯一逃れる手段が有るとすれば、それは死であると。。。
 そう考えると交配して子孫を残すという行為は、生き物が時間に対して勝ち目の無い悪あがきをしているのだろうか?
 ワンジルのことがきっかけになって、なんか色々と変なことを考えてしまった。

バイク 10km
ラン 10km

|

« カボス君を食べてしまう | トップページ | 新しいパソコンは4,800円 »

コメント

 もちろん私はワンジル選手のことは直接は知りませんが,光安さんのお友達ということで親近感を感じておりました.もちろん北京オリンピックでも応援させて頂きました.

 金メダル選手であっても人の死ってあっけないものですね.自分自身は悪あがきしてもどうしようもない年になってしまったので,後は子供達に夢を託すしかありません.とにかく今日は夕方頃にネットニュースで彼の死を知って悲しい気持ちになりました.

 合掌

投稿: とみかず | 2011年5月16日 (月) 22時42分

 お友達でもなんでも無い、近所に住んでいる只のオッサンなのですが、それでも悲しいです。と言うか彼のあまりの早い死に、命の長さの理不尽を感じて虚しく成ります。
 彼の日本での生活や帰国してからの生活が、十分に幸せで有った事を祈りたいです。

投稿: みつやす | 2011年5月16日 (月) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カボス君を食べてしまう | トップページ | 新しいパソコンは4,800円 »