« 何故か低電圧化 | トップページ | 気になって仕方がない »

2011年4月 8日 (金)

二重反転ペラの無尾翼機

 スイミングの時のドリル。息継ぎの側の手を掻くときだけキックを3回とか言うヤツ。これが全然出来なかった。アンバランスなリズムが取れないのも有るけど、それ以上に普段と違う脚の位置で止めたままにしておく事が出来ない。
 できん、できん、と言いながら2本だったか3本やらされた。あまりに出来なかったからか(笑)、次は両足を一緒のリズムのヤツに変わっていったけど。

 その時はいつもの様に「いらん所に力が入っているから」と言われて居たけど、終わってからシャワーを浴びながら話をしているときに別の表現をされた。
 「泳げているように見えても、無意識のうちに脚でバランスを取っているから、それを規制されたら滅茶苦茶に成っている」と。なるほど・・・そんな風に考えた事が無かった。そしてその時に飛行機の事を思った。
 迎角が増えたときに機首上げのモーメントが増えないなら、不細工な後部胴体や抵抗しか生み出して居ない水平尾翼は要らなくなる。
 いや、もっと酷い状態かもしれない。水平安定版だけでは安定しないから、常にエレベーターを上下にピクピク動かして飛んでいる状態の方が近いのかもしれない。
 二重反転ペラの無尾翼機が最高という理屈では無いと思うけど、俺の知っている高性能機に比べたらお前の尾翼は大きすぎるとか、いつも舵を動かして飛んでいるのはおかしいぞ、と。そんな感じのアドバイスなのだろう・・・と理解した。
 推力を生み出す手の動き、それに関連する上体の動き、それらがもう少し自らの安定性を有していれば、脚の仕事は今よりも少しで済む。これは脚が楽になることであるし、結果的に仕事中に生み出す抵抗も減少する。
 キックが苦手な私にとって、脚の動きを改善するのとは別の方向の一つの改善方法で有るような気がする。ちょっといいぞ。もう少しだけ速く成れそうな気がしてきた。

スイム 2.8km

|

« 何故か低電圧化 | トップページ | 気になって仕方がない »

コメント

おおー今度は、
二重反転ペラの無尾翼機の製作に着手かと慌てて読んで・・・

でも、ありえそうな感じですから釣られました。

投稿: 山向うの住人 | 2011年4月 9日 (土) 17時47分

「無意識のうちに脚でバランスを取っているから。。。」のフレーズで、”あおり足”という言葉を思い出しました。私は、普通の人よりも、倍遅いスピードですが、水泳って良いな、思います。魚ちゃんになれれば、それで良しっと。

投稿: ラ・モート | 2011年4月 9日 (土) 19時20分

>山向うの住人 さん

 昔はそう言うのばかりやってました。模型ですけど(笑)。
 日大に行ってリネット号を作るんだと考えていましたが、何故か違う方向に進んでます。

投稿: みつやす | 2011年4月 9日 (土) 22時06分

>ラ・モート さん

 私が魚だったら、群れから遅れて真っ先に食われてしまう役目です(笑)。あいつらは生まれた瞬間から泳いでますからねぇ。
 バイクやランに比べると、一番難しいというか、面白いというか、理屈っぽいというか、なんか良く解らないのが私にとってのスイムです。

投稿: みつやす | 2011年4月 9日 (土) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何故か低電圧化 | トップページ | 気になって仕方がない »