« 計画停波 | トップページ | プチお祝い »

2011年3月19日 (土)

ガイガーカウンタでも作ろう

 茨城のホウレンソウから基準値の3倍から7倍(だったか?)の放射性ヨウ素が検出されたとやっていた。例によって"ただちに"健康に影響は無い。とか、CTの何回分とか言う訳の解らない説明付きで。
 こんな言い方をするから逆に風評被害が出るんじゃ無かろうか。「○○村は基準値の1.2倍、××村は2.3倍が検出されたから両者とも出荷停止にした。それ以外は基準値以下である。詳細はお手元の資料を。。。」とか何とか言えないものか?
 とか息子達と話していたけど、婆さんは数日前のニュースを見ながら、「そげな風に言うてくれたら、直ぐに解って安心するとに」と話していたから、まあ一概には言えない。
 毎回毎回比較する例を探すのが大変だ。これから事態が深刻化していくと最後の方は「放射線治療の現場では」とか「宇宙の若田さんは」とか言うかもしれない(笑)。
 今回ほど元ネタの量が多く、対象が多人数で、長期間(になりそう)の被爆は誰も経験していない。そんなシチュエーションで国際的な基準の7倍に対して、安全率が有るから大丈夫大丈夫と言い続けて良いものかと不安になる。
 取りあえず嫁さんの言うように自衛しかないので、畑の耕作面積を増やして自前の作物を沢山作ろう。そしてこの手の物が測定できるか解らないけど、ガイガーカウンタを作ってみよう。

 長濱とかバイキングの連中は長崎で合宿をやっているけど、私は仕事が残っていたので昼過ぎまではずっと仕事をしていた。ちょっと悔しいというか取り残された気持ちが有ったので、1時間ほど早めに仕事を止めて走りに行った。
 ジョグには丁度よい感じの気候に成ってきて嬉しい。出る時間も少し早かったので、今日はかゆだ橋の25kmコースにした。
 最近は何故が左の拇指球の内側辺りに軽いマメが出来る。重くは無いので次に走るときにはくっついて何とも無いけど、15kmくらい走るとまた浮いてくる。その繰り返し。
 走り方が変わって来たのかもしれないし、少ししもやけっぽい感じが有るのでそのせいかもしれない。

ラン 25km

|

« 計画停波 | トップページ | プチお祝い »

コメント

光安さん、はじめまして。  
いつも楽しく拝見しています。
ガイガーカウンター、ぜひ作ってください。
光安さんの設計、製造なら、自分買いますよ。

投稿: 台湾5号 | 2011年3月20日 (日) 01時16分

どこかの番組で、説明用のボードに
ニューヨーク〜成田の飛行中に受ける放射線量が出ていて
比較用の数種類の項目の中では、中位にあったので興味
深く見てしまいました。

あ、また重箱の隅で申し訳ないんですが、
「被爆」は原爆などの核爆弾を受ける事で、
今回のような放射線を浴びた場合は「被曝」です。

ガイガーカウンター、ぜひ作って下さい。
無料モニターしますよ!

投稿: sun.one | 2011年3月20日 (日) 01時41分

ガイガーカウンターって,昔は秋月電子通商でキットを売っていましたが,今は売っていませんでした。GM計数管が入手できれば作れるのですね。

投稿: Nori-chan | 2011年3月20日 (日) 08時52分

 今回は纏めて(^^)

 「被曝」何回か変換して最初の候補に出てくるようにしました。今回の事故が「被爆」に成らない様に祈って。
 今の説明って(別の単位系ですが)時速と距離を意図的に混在させ、さらに日常的ではない比較対象で判断力を鈍らせようとしているとしか思えないです。

 秋月のキットがまだ販売中なら、一瞬で売り切れて居たでしょうね。
 昔買った回路図集に回路図が有りますが、回路自体は特別な回路じゃ有りません。高圧発生部とパルス検出部と検出したパルスの表示部だけです。
 GM計数管ですが、中のガスの成分が肝のようです。放電を容易にするヤツと、連続放電を阻止するヤツをよい塩梅に混ぜる必要があるとか。
 前者のアルゴンは何故か家にボンベが有ります(笑)。後者のハロゲンはヘッドライト球を割って取り出そうかと考え中です。
 アルゴンだと600Vくらい印加で良く、それなら実験用電源が有るので直ぐにでも基礎実験は始められます。
 あとは前面の雲母板ですが、古い放熱器の絶縁版では少し小さい感じなので、色々制限が有ってもガラスに成るかな?と。

投稿: みつやす | 2011年3月20日 (日) 09時23分

こんにちは。
RDのローターがとか言ってられないほど身の周りが落ち着かないです。
こちら、さいたま市でも放射線量が平時の数倍検出されて、首都圏もヤバイのか?と・・・
僕も思わず秋月のガイガーカウンターを買おうと思ったら、サイトでは売ってませんでした(売り切れたのか?)

引っ越しの準備をしていたのですが、震災で建築中の家は大丈夫だったけど、大工さんのクルマに入れるガソリンが2、3時間並ばないと買えないとか、材木を買ってくることや持ってくることも時間が掛かり、工期が延びてしまって、意外なところで二次災害を受けています。

すでに半田ごてとか段ボールに入れてしまい、どこにあるか不明(笑)でガイガーカウンターを作れないので、作ってくださるのなら購入致します。
新築の家は井戸も掘る予定(飲料として)なので、周囲の放射線量が非常に気になります。
余談ながら、建築業者に井戸を掘って飲み水に使いたいと言ったら驚かれました(笑)首都圏では珍しい?みたいです。
でも関東の水道水でも放射線を確認されたので、まだ井戸の方がマシ??
数十年経って濃縮された井戸水にならなきゃいいけど・・

投稿: あつし | 2011年3月20日 (日) 16時39分

 こちらでニュースを見ているだけで胃が痛くなるくらいです。そちらの方の心中お察しいたします。。。

 井戸と上水道で放射能の影響がどう出るか知りませんが、ライフラインを複数持っていると強いですね。しかも自分の管理下に置ける訳ですから私は賛成です。
 ガイガーカウンタは実験を始めてみます。こんなガラクタを欲しがっていた時期も有ったよね・・・と笑い話に成る事を祈りながら。

投稿: みつやす | 2011年3月20日 (日) 18時34分

神奈川歯科大学講義データベースシステム
に「アルゴンのような不活性ガスと、エチルアルコールなどの有機多原子気体が、約10:1の割合で10mmHg程度の気圧に封入されている。」という解説がありました。
エチルアルコールなら入手しやすいですね。でも,10mmHgなどという希薄な状態はどうやって作るのでしょうか。

投稿: Nori-chan | 2011年3月20日 (日) 21時52分

 10mmHgですか・・・うーん。真空引きした容器に、1/76の体積にあらかじめ封入した大気圧のアルゴンをプシューッと注入するとか、大気圧で充填した後で、10mmHgになるまで吸引するとか、ウーン、ウーン、ですね。
 ただこれは500Vとかの低電圧での放電を可能にする意味合いが高いのでは無いでしょうか?1000Vを印加するなら100mmHgで良いとか、そんな都合の良い理屈には成らないでしょうかね。
 私ももう少し調べてみますけど、ネットには限界があるので関連の書籍でも探してみます。

投稿: みつやす | 2011年3月20日 (日) 22時10分

これは全く同意しますね。
政府公式見解では必ず「直ちに」と条件を付けるので余計に心配です。

> 今の説明って(別の単位系ですが)時速と距離を意図的に混在させ、さらに日常的ではない比較対象で判断力を鈍らせようとしているとしか思えないです。

投稿: Mark@小倉南区 | 2011年3月21日 (月) 23時16分

 対偶を取れば「健康に影響が出るとしても後でだよ」と言っているわけで、公害とか薬害の歴史が思い起こされて嫌な気分に成ります。
 やっぱり自衛とお祈りしか無いです。

投稿: みつやす | 2011年3月21日 (月) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 計画停波 | トップページ | プチお祝い »