« ダイデンにはエイシントーチがよく似合う | トップページ | なんか複雑な気持ち »

2011年2月 5日 (土)

ネダノンの作業台

0205 午前中に修理完了したプラズマカッタを渡した。エイシンのトーチも悪い感触じゃなくて、それなりに喜んで貰えたので嬉しかった。
 前回も親子だったけど今日も親子だった。依頼は息子の方だけど付いてきた親父が面白い。かなり面白い。今日もユンボに乗って喜んでいた。自分用に買うらしいので再度登場する可能性が高い。
 過分のお礼を頂いたうえに、お土産にあまった材料とか工具まで貰ってしまった。逆に恐縮してしまう。ありがとう御座いました。早速キー材は少し弄ってみました。

 昼飯を食ってから少し片付けをしていて、御堂を壊した廃材とコンパネで作業台を作ろうと思い立った。作業台と言うよりもドリドリ君とかグルグル君たちを載せる台。
 廃材の柱は120mm角くらいのしっかりした物だったので、その上に3x6のコンパネでもひいたら良かろうと思ってナフコへ。メチャ人が多かった。
 コンパネを見ていたらネダノンという板が目に付いた。厚みが28mmも有って剛性はコンパネの比じゃない。コンパネを接着積層しようかと思ったけど、手間と得られる性能とかを考えてネダノンを買ってみた。5,400円もしたのでちょっと後悔した。
 帰ってから早速作業開始。ネダノンは1m×2mのサイズだった。2m側はそのままで良いけど1mは配置的に長すぎた。900mmにカットしてから柱の上に載せた。
 あとは適当に全体の剛性が高くなるようにパネルを貼っていった。今日中に完成させたかったけど、あたりが暗くなって手元が見えなくなったので途中で止めに成った。
 メチャ重い。この段階でもかなりの剛性感がある。明日は棚とか間仕切りを兼ねたパネルを追加していって、接合部にコースレッドを打ち込もう。もうちょっとしっかりすると思う。

|

« ダイデンにはエイシントーチがよく似合う | トップページ | なんか複雑な気持ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイデンにはエイシントーチがよく似合う | トップページ | なんか複雑な気持ち »