« 注文したのは本物のチェーンブロックなんだが | トップページ | GPSも?修理します »

2011年2月 1日 (火)

ダイデンのトーチ

0201 うちには今、プラズマカッタが何故か3台もある。1台は自分用。1台は修理依頼品、最後の1台は部品取りとか研究用のジャンク。
 ジャンクに付いてきたトーチがこの画像。ダイデン時代なのでかなり古い30Aクラスのトーチだった。内部の摩耗が少しあったので銅でリングを作って挿入したら調子よくなった。
 スパスパ切れる。もしかしたら自分用のパナソニックの奴よりも調子がよいかもしれない。入れ替えようか?
 各種のトーチを分解してみると、その時代なのか設計者なのか思想の違いが見えてきて面白い。この画像のトーチは内部のエア通路を構成する部品が電極とかチップの一部に成っている。と言うことは消耗品を交換したら自動的にエア通路もリフレッシュされると言うこと。
 ダイヘン時代のトーチも1個有るけど、これはエア通路が本体と一体に成っている。自分用のパナソニックの奴も本体と一体。通路がスパイラル状で有ったりして、消耗品に組み込むにはコスト高に成ってしまうのが要因の一つかと思うけど、本体一体型だとエア通路のトラブルは本体の交換に繋がりやすくなっている。
 本職にとってはメリットのある改善だろうと思うけど、取りあえず切れればよい我々のような素人にとっては、消耗品を交換すれば初期状態に戻る方式の方がタフで嬉しい気がする。

 仕事が終わってから裏山で自転車に乗ろうとしたけど、下がグチャグチャで私の技術では坂道を登ることが困難だった。取りあえず1周だけして家の廻りをぐるっと回ってから止めた。
 御堂を壊した廃材が残っていたのでそれを取りに行った。長いのはチェンソーで切って軽トラに積み込む。良いトレーニングになる。かなり汗が出た。1/4くらいはゲートボールをしている年寄りが取りに来るらしいので、一輪車で運べるくらいに短く切っておいた。
 帰ってから数本だけ玉切りにした。年寄りの為に切ってやった行為が神様に評価されたらしく、暗い中で適当に切ったのに1回も釘に当たらなかった。

バイク 1km

|

« 注文したのは本物のチェーンブロックなんだが | トップページ | GPSも?修理します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 注文したのは本物のチェーンブロックなんだが | トップページ | GPSも?修理します »