« ねじ切りバイトを締め直す | トップページ | ネダノンの作業台 »

2011年2月 4日 (金)

ダイデンにはエイシントーチがよく似合う

0204 修理を頼まれていたダイデンのプラズマが直ったので、新しいトーチを付けてあげた。付属してきたのは電流値が合ってなかったし内部の樹脂が溶けて回復不可能な状態だったので。
 だからといって純正を買おうとすると、5万とか6万の値段が付いてて腰を抜かしそうになる。仕方ないので安価に入手できるエイシンのトーチを付けてある。
 人様に渡すから変な物を渡すわけにはいかず、取りあえず購入してみて色々と弄ってみた。長期間の耐久性は解らないけれど、数日前に書いたダイデンの純正30Aクラスと非常に良く似ていて、直ぐに壊れるような感じでも無いことが解った。
 消耗品もヤフオクで安価に入手できるので、不安なら今のうちに多量に買いだめしておけば良さそう。と言うことでスイッチとエアーのコネクタを交換して装着完了。
 試験してみると中々具合がよい。本体はかなり古いダイデンの機械。古いとは言っても初期のインバータ機なので性能的には新しい機械と劇的な差は無さそう。部品がデカくてタフそうなので返って良いかもしれない。
 そのデカくて重いダイデンの本体に、エルゴノミックデザインの青いカバーが付いた今風のエイシンのトーチの組み合わせ。対照的でなかなか面白い。

 今日のスイムもレッスンが始まるまでは左足のキックを主体に自主トレした。左足だけのキックを何回かやったけど、やっぱり進まない。でも極たまに水を掴んだ感触が有るので続けようと思う。
 今日のメンバーは私と長濱と割りと速いオバチャン2名。メチャキツクは無いけど或る程度の強度を維持したクロールのドリルが続いた。
 今日も後半は50mを8本が有った。今日は2ビートで行ってみることにした。少し余裕を持って泳いだら44秒だった。このまま行けるかも?のイメージで残りを泳いだ。
 3本目くらいまでは軽めで行けたけど、そこから少しだけキツくなった。でも今日は45秒くらいはずっと維持できていた。でも最後の3本くらいはタイムが激落ちしてしまい、47秒とか48秒くらいしか出なくなってしまった。
 自分でも全然駄目なのが解るので悲しい。2ビートが維持できなくて4ビートとか6ビートとか、なんか滅茶苦茶にバチャバチャやっているだけの泳ぎに成ってしまった。理由は良く解らない。やっぱりいらん力が入りすぎて疲れて居るのだろうか?

スイム 1.7km

|

« ねじ切りバイトを締め直す | トップページ | ネダノンの作業台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ねじ切りバイトを締め直す | トップページ | ネダノンの作業台 »