« BOSHのディストリビュータ | トップページ | 車輪を付けた »

2010年12月27日 (月)

住宅地にはプラズマ

1227 ちょっとだけ年末モードが入ってきたけど、まあ今日までは普通に仕事をした。政治家的に言えばPICのプログラムを粛々と書いてデバッグした。
 「それやったらパルスを数えて、それを何倍かして速度指令にして、その数値を持って増速指令のサブルーチン呼んだら・・・」とか話しただけで後は誰かがやってくれたら楽だけど、そうはいかない。
 大きな紙にフローチャートを書いて渡したらプログラムに成って帰って来るだけでも相当楽だけど、零細企業はそうはいかない。最後の最後のmovwf 何チャラとかとかまで自分で書くしかない。

 夕方になって餅つきの機材を確認していたら、竈の上に乗っている羽釜を載せる円盤が割れているのに気がついた。何という名前か知らんけど割りと重要な役割の部品で、このままではちょっと危ない気がする。
 現物は微妙な円錐形に成っているけど、そこまで再現するには時間と技術が足りないので、竈の神様に平面でまけて貰った。
 現物は錆で膨れているけど4.5mmくらいは有ったように思える。でも4.5mmとか6.0mmのこのサイズの板は無かったのでSPHCの3.2tにした。これも竈の神様に許して貰った。
 本体はボロだけど新品のノズルが付いたプラズマで切ってみた。遠目でみたらそれなりに見えるけど、近くで見たら蛇行が酷い。保証なら±5mmくらい。ほぼ実力値で±3mmくらい。最も調子のよい100mm区間で±1mmくらい。その程度でしか切れない。機材が悪いのか腕が悪いのか、書きながら解っているけど後者だとは思う。
 ジグソーよりは静かなのが良い。切った後の養生はジグソーの方がだいぶ楽だけど、ジグソーで広い鉄板を切ると滅茶苦茶うるさくて敵わない。特に3.2mmを実用的な速度で切れるヤツはうるさい。
 と言うことで、住宅地で怪しいことをする人にはプラズマをお勧めしたい。コンプレッサが別に要るけど、9mmくらいまで切れる30Aクラスがベビコンの0.4kWで十分実用になる程度。たぶんホームセンターの100VクラスでもOKと思う。
 でも切断面の手入れのために、ディスクグラインダをギャンギャン言わせないといけないので、まあジグソーで鉄板を共振させるのと一緒か(笑)。

|

« BOSHのディストリビュータ | トップページ | 車輪を付けた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BOSHのディストリビュータ | トップページ | 車輪を付けた »