« 私がオバサンになっても・・・ | トップページ | FML27EX-D »

2010年12月 6日 (月)

シリンダ温度計

12061 適当にでっち上げたシリンダ温度計。ユニットは秋月電子で500円のデジタル温度計なので、自分がやったことは無いに等しいのだけど、まあいいか。
 今回使った温度計は確か100度までと成っていた。でも使ってみると200度近くまで表示する。保証外というか秋月のジャンク品に保証を期待するのが間違っているというか、まあそんなところ。
 あと数個買っておこうと思ってサイトを見たけど、いまは同じ物は売ってない感じ。現行のどれかが100度以上まで表示するかもしれないけれど、それは買ってみないと解らない。
 最初はオイルキャップのネジの部分を旋盤で作り、細い棒をパイプにして中に埋め込んで油温計にするつもりだった。でも旋盤でネジを切るのが面倒に感じたのと、プラグ座温の方が反応が良さそうに思ったのでこうなった。
 車用と思われるメータをバイクに付けていたせいか、水が入って壊れてしまった大森のメータ。これのセンサは熱電対で銅製のワッシャにロー付けの感じで作ってある。それを真似してアルミ板でセンサをくるんでみた。隙間の固定は接着剤で。
12062  こっちは表示部。センサの金具と言い液晶の固定と言い、もうちょっと「きちんと作れよ!」と自分に対して言いたくなる(笑)。
 取りあえずきちんと動作したけど、センサ廻りの線がいずれ焦げるか溶けるかしてくると思う。センサはサーミスタ系だろうか?付け根から配線を切って、テフロン線か何かで引き直した方が良さそうに思う。

 今の季節に普通に走ってプラグ座温が130度くらいしか無い。夏でも150度くらいかもしれない。と言うことは油温は100度も行かないんじゃ無かろうか?そしたら40番のオイルは必要なくて、上が30番くらいの普通のオイルでもいけるかもしれない。まあミッションのタッチとかは別の話だけど。
 秋月に注文の予定が有るので、ついでに油温計用の温度計も頼んでおこう。500円なら壊れても惜しくない。

|

« 私がオバサンになっても・・・ | トップページ | FML27EX-D »

コメント

私が思ったよりエンジン温度(500℃以上)は低いようですね。テフロンガスケットが使えそ。オイル番手ですが、耐熱温度もさることながら、夏場の油膜切れが心配ですが、どうなんでしょうか?

投稿: ラ・モート | 2010年12月 7日 (火) 21時21分

 今回の温度はプラグの座温なので、プラグのワッシャの一番外側の温度です。イメージ的には空冷フィンの付け根とか、そんな感じだと思います。
 この辺の温度だと最大でも200度とかそのくらいまでしか行かないはずです。

 今度は油温も測ってみますので、オイルはそれをベースに決めようと思います。
 天ぷら用の温度計がピッタリなのですが、使ったら嫁さんに怒られそうです(笑)。

投稿: みつやす | 2010年12月 7日 (火) 22時57分

学生時代、中村教官から、
「またお前達はガムテ細工か!」
と叱られましたが、
ガムテ以下の、ビニテとは・・・。
なんまんだぶ、なんまんだぶ。

投稿: sun.one | 2010年12月 8日 (水) 00時16分

 いやいや、ガムテを直射日光下に使用すると数日で粘着剤がベトベトに成って往生します。このビニテは数週間は持ちます(笑)。
 ガムテ、ビニテ、安全線、定番でした。怒られたのは田口さんでしたが。

投稿: みつやす | 2010年12月 8日 (水) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私がオバサンになっても・・・ | トップページ | FML27EX-D »