« ツールポストグラインダのような物 | トップページ | 禍福はあざなえる縄のごとし »

2010年12月15日 (水)

1NB7-8303 またお前か!

1215 今日は基本的に某機械のモータドライバの解析をしていた。コストダウンのためなのか最近の流行りなのか、各部は専用のICでは無くてワンチップのマイコンが使われている。
 元はジャンクの(笑)オシロとかロジアナを当ててアーダコーダとやっていた。結構不思議な波形も出てきて??と成ったけど、意味が分からないのでそのままメモしながら続行。
 夕方近くなってあまりにおかしい状況に成り、色々と検証していたらオシロの方がおかしいことにやっと気付いた次第。。。そういや途中でコンデンサ結合されているような妙な波形が有ったよな、と今頃気付いても遅い。

 このオシロは入手して直ぐと福岡に帰ってきてからの2回は修理している。内容は少し違うけどどちらも入力のアッテネータユニット絡みの故障だった。今回も状況からそこが怪しい。
 例によってT10のドライバ1本で分解し、アッテネータユニットを取り出してみると当たりだった。今回はリレーの接点が接触不良に成ったトラブル。
 このタイミングで頭がかなり煮詰まっていたので、クールダウンの意味も考慮してプールに行って1時間ほど泳いできた。今日も大和青藍のトライアスリート先生が来ていた。
 泳ぎながらどうやって修理するか考えていたので、今日はトレーニング的には何となく距離を泳いだだけに成ってしまった。そして帰りの運転中に一つ案を思いついた。
 このリレーはコイルは普通の半田で固定してあるけど、接点側は硬化した銀粘土と言うか、特殊な金属のカシメと言うか、何とも不思議な固定の仕方がしてある。その為に外部トリガのリレーと交換するとかは難しい。
 思いついたのは接点に適当な電流を流しながら、何回か切り換えるという方向。このコイルは正負の電圧で切り替わるタイプなので、まずは正負の電圧が交互に出てくる簡易的な駆動回路を作った。そして接点側は5Vの電源からテストリードを伸ばしてきて、両端に1kの抵抗を付けた。
 5Vに1kを2本で2kΩ。すなわち2.5mAの電流を断続させる計算になる。このリレーにはそんな「大電流」は流れていないはずだけど、あまりに小さいとクリーニング効果が無さそうな気がして、いつものカンジニアリングで決めた。
 恐る恐る組み立てて試験した。これは運良く修理可能なジャンクを入手できたけど、動作する同クラスを買えるほど裕福じゃない。。。胃が少し痛かった。
 日頃の行いがよいので無事に動き出した。少し気分がよくなってきて、もう一回分解して2ch用と外部トリガ用も同じように処置して組み直した。
 風呂に入って寝ようとしたら日付が変わっていた。2日続けてこの生活は厳しい。

スイム 2.0km

|

« ツールポストグラインダのような物 | トップページ | 禍福はあざなえる縄のごとし »

コメント

どうも。HP54616Bを修理しながら、このブログを見つけて、参考になりました。日本語を勉強中ですので、是非間違いを指摘してくださいませ。

中身は同じ1NB7-8303ですが、銀粘土があって、半田が全然付けられませんでした(Metcalを使ったのに)。こちのアッテネータはリレーを解体するしか直れないから、リレーを外すことが必要と思いますけど、銀粘土は邪魔です。いい方法がありますか?

ブログで一体どうやって直ったのがわかりませんが、ヒントを貰えませんか?

投稿: キャットバート | 2011年10月31日 (月) 15時13分

 初めまして光安です。

 私も相当苦労しました。「銀粘土」に半田を付けることは出来ませんでした。その為に、実際に半田付をしたのはリレーの端子の断面と基板上のパターンです。
 リレーからは直径が1mm程度の線が出ていて銀粘土に埋まっています。銀粘土の頂点を削ると線がみえてきます。その線の先端断面を磨くとそこには半田が付きます。
 パターンの方は薄い金箔のような感じなので、慎重に剥がさないように半田を乗せます。
 半田だけで繋がらない場合は、間に短いリード線などを入れて繋ぎます。
 銀粘土の部分はこんな感じで修理しています。

 単純に隣のリレーの端子と接続されているだけの部分なら「銀粘土」を削って撤去しても良いと思います。
 しかしアッテネータの抵抗に繋がっている場合は、撤去に失敗すると抵抗を損傷する可能性がありますから、止めた方が良いと思います。

 このページに書いているのは別の部分のトラブルでした。それはリレー内部の接点が接触不良に成っていました。
 その為に微弱な電流を流しながら開閉を繰り返すことによって、接点の導通を回復させました。

 解りにくい所が有ったら、再度書き込んでください。

投稿: みつやす | 2011年10月31日 (月) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツールポストグラインダのような物 | トップページ | 禍福はあざなえる縄のごとし »