« 少しモチベーション上がる | トップページ | 解りやすいレギュレータ »

2010年11月24日 (水)

ブラシが来た

11241 イギリスの部品屋に頼んでいたルーカスダイナモのブラシが来た。幅の広いのと狭いのの2種類がちゃんと入っている。イギリスのオッサンなのかオネエチャンなのか知らないけれど、ちゃんと発送してくれてありがとう。
 付いてきたのと比べた画像がこれ。写真の撮り方が悪いので説明したい厚みが良く解らない。。。
 向かって左の2個が電流取り出し用で、右端の1個がフィールドコイルの片側が繋がる第3のブラシ。電流取り出し用はブラシの幅が広くて線も太い。
 ところが最初から装着してあったのは全部同じ細目のブラシで、ガタが少しでも少なくなるようにホルダを曲げて無理矢理付けてあった。そのせいも有って削れ方が変。
 くそっ、とか思いながら指先を真っ黒にして微調整しながら組み込んだ。電流取り出し用は同一と思えるサイズだったけど、フィールドコイル用はホルダの修正後でも少し寸法が違っていて、ブラシ側をヤスリで修正する必要が有った。
11242  動作確認とブラシのなじみ出しを兼ねてモータリングテスト。最初はかなり当たりが悪かったので、指で補助的にブラシを押さえないと綺麗に回らなかった。
 それっぽい円弧状に加工してあったので信用したけど、こんな事ならサンドペーパ巻いて荒っぽく当たりを出したら良かったな。。。とか考えていたら調子が出てきた。
 最終的に今日は8時間くらい回した。ほぼ問題ないくらいに当たりが付いてよい感じになった。第3のブラシも効果的に働いていて、位置を調整すると理屈通りにフィールドコイルの印加電圧が変わっていき、結果的に発電量が変わる。
 でも今はモータリングテストなので、発電量じゃ無くて最高回転数が変わる。フィールドコイルの印加電圧が減ると界磁の磁力が減る。これは直流機の弱め界磁制御そのものなので、理屈通りに回転数が上がる。
 電磁気学とかを真面目に勉強している人は直ぐに解ることだけど、若い私はこう言ったことが直感的に理解できなかった。マブチモータの無負荷回転数は空気抵抗とか軸の摩擦抵抗で決まっていると思っていたのだから。
 もし、小学校の教材のモータの模型が永久磁石じゃ無くて電磁石界磁であったなら、いろいろな電池を繋いで遊ぶ過程で、何じゃこりゃぁ!!??見たいな感じで界磁とか起電力とか、そんな関係のことを体験的に理解できていたかもしれない。
 教材屋さん、技術立国日本の為に、モータの模型は電磁石式の界磁にしてください。お願いします。

 一昨日よりも尻の具合がよい感じ。でもムリをしてはいけない。でも遊んでもいけない。難しい(笑)。ゆっくりとジョグでもしてみよう。西中往復の8kmにした。暖かかったけどウインドブレーカを着てゆっくりと走った。
 芹田の所で小西君と押川君とすれ違った。昨日のことで一瞬だけ言葉を交わした。この一瞬だけで気分がまたまた躁になった。はつらつとした若い人は良いなぁ。
 赤木峠経由で帰ってきた嫁さんが二人を見たらしい。教育大のアスリートクラブへ行くのだろう。反射たすきは装着していたけど、もうちょっと見えやすい方が良いと言っていた。確かにそう思う。
 注意深くないドライバのせいで若い命が奪われるのは悲しい。怪我で済んでも実業団レベルの選手だと再起不能かもしれない。トヨタに取っても損失だし、自分たちの為に来るときの事故ならクラブの人も悲しむ。
 こんど本人か森下さんかコーチに会ったら、襷に追加でピカピカのライトでも付けるように言っておこう。

ラン 8km

|

« 少しモチベーション上がる | トップページ | 解りやすいレギュレータ »

コメント

いつも感服です。
誘起電圧が低ければ回転数は高くなりますね。
後で気がつく寝小便・・・・チョット違いますか?

投稿: RIKI | 2010年11月25日 (木) 21時56分

 小学生の頃に気がついていたら、感服してください(笑)。

 大人になって色々と本を読み、もしかして・・・と思うけど心の底からは信じることが出来ず。拾った掃除機のモータのブラシと界磁配線を分離して、2台の電源装置で界磁とブラシの電圧を別々に可変して初めて納得しました。
 時々出くわす頭の良い人は、資料を見ただけで理解するんですよね。私は「手の人」なので、目の前で検証しないと頭が付いていきません。。。

投稿: みつやす | 2010年11月25日 (木) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 少しモチベーション上がる | トップページ | 解りやすいレギュレータ »