« ホットソー | トップページ | 謝るのは得意 »

2010年11月21日 (日)

腰が痛いと作業がはかどる

 腰が痛い。腰というか以前痛めた左の尻の斜め後ろの辺り。前回は立ってパンツの脱着が出来なかったけど、今回はなんとか靴下の脱着が出来る程度なので少し軽い。
 取りあえず朝一の一斉清掃に出てゴミ拾いをしてきた。普通に歩けるのだけど前屈が出来ない。そう言えば昨日のプールでもプールから上がるときに痛かった。
 太腿と上体が近づくようなポーズが駄目で、こうなると自転車が厳しい。ユルユルと乗れば別の筋肉を使うから良いけど、激しく漕ぐと駄目。。。
 これからはこんな状態と付き合いながらトレーニングするしか無いのかね?困ったねぇ。。。とは思うけど、エイジグループはそう言うもんだ。こんな感じの爺さん同士が戦っている世界。だましだまし練習して人よりも少しだけ先にゴールしたら良いだけ。

11211_2  で、仕方ないので仕事の残りとXSの作業ばかりしていた。手始めにクラッチワイヤーのレバー側。タイコの外に樹脂のリングが入っていたけど破れてはみ出していた。
 仕事で使った巻きブシュが有ったので、それにすり割りを入れて被せて修理してみた。ちょっと気付くのが遅かったのでタイコが異常摩耗しているけど、まだ許容範囲くらいじゃ無かろうか。

11212  次は支点。レバー側は既にブシュを圧入しているけど、支点ボルトの頭が腐食して汚いのと、軸になっているカラーの外径の摩耗も増えてきていたので新作した。
 メッキに出すのが面倒なのでステンレスのボルトを使った。物によっては純正のメッキ品よりも弱くなったり色々と問題も有るけど、この場所はどう計算してもM6が折れる計算には成らないのでOKとした。
11213  内側にM6ネジを切ったスリーブは旋盤で削りだした。とは言っても雌ねじはタップで切ったので、バイスとタップとドリルとやる気が有れば旋盤は必須じゃない。M6の3種ナットはグッデイに有ったので後で交換した。
 できあがりはこんな感じ。だいぶ綺麗に成ってきて気分がよい。でも調整金具の錆が逆に目立ち始めてしまった。再メッキに出すか、シビアな場所じゃ無いのでこれもSUS303辺りから削りだそうか。あっ、でも平行のローレットの駒が無いわ。
11214  こっちは右側。右のボルトはブレーキスイッチを共締めするために、M6の下にM5を継ぎ足したようなちょっと変な形をしている。
 こちらは手持ちの材料の関係で、対辺10mmのSUS303六角棒から削りだした。こちらもやる気さえあればM6の長めのボルトからM5のダイスを使って手作業で作ることが出来る。

 自分の腰が痛くなったと思ったら、一番早くて期待していた高校生が出られなくなったと電話が入った。大丈夫と思っていた推薦の試験に落ちたらしい。で、28日に別の学部の推薦試験を受ける事に成ったとか。。。悲しそうな声でしきりに謝っていた。まあ仕方ないね。これも人生だ(笑)。

|

« ホットソー | トップページ | 謝るのは得意 »

コメント

腰が完治してないご様子、お大事に。私も1~3年おきに腰が痛くなります。ご存知でしょうが、宮田町の米村マッサージさんに何時もお世話になってます。2時間じっくりマッサージして貰って、4千円です。いつも1回でピシャリと治して貰います。以前にもご紹介したかな?

投稿: ラ・モート | 2010年11月21日 (日) 21時52分

 もう少しおとなしくしていたら治まると思うのですが、それだと廻りの爺さん連中に勝てないのでねぇ(笑)。
 今回のは運動ではなくて、薪ストーブ関連で無理をしすぎたせいだと思います。「ムリ・ムダ・ムラは自己の元」どっかの工場に貼って有りました。反省してます。

投稿: みつやす | 2010年11月21日 (日) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホットソー | トップページ | 謝るのは得意 »