« 意地で修理した | トップページ | カムチェーンを繋いだ »

2010年10月14日 (木)

ヘッドまで載せた

1014 今夜はちょっと頑張った。ヘッドにバルブを組み込んで、コンロッドにピストンを付けて、上からシリンダを入れて、その上にヘッドAssyを載せた。
 カムチェーンを繋ごうかと思ったら、嫁さんから高速バス停まで迎えに来いコールが入ったのでそこで止めにした。
 高校生なら2時か3時頃までかかって組み上げると思うけど、年寄りなんだから無理は止めて早寝することにした。
 XSの場合はヘッドを載せただけでは締め付ける事が出来ず、ロッカーアームとかが組み込まれたヘッドカバーAssyを上に載せ、その上から全部をクランクケースから生えたスタッドボルトで締め付ける構造に成っている。
 ヘッドを載せたままで置いておくと、シリンダのベースパッキンとかヘッドガスケットが中途半端に浮いた状態になっていそう。それはイマイチ良くない気がして、まだブラストも済んでいないカバーを仮置きしてナットで軽く締めておいた。
 写真では強調されるのも有るけど、ブラストした部分としていない部分の差が激しい。どうして下までやらないのか?と言われそうだけど、取りあえず動いているから・・・開けるの面倒くさい(笑)。

 XSの作業をやりたかったのも有って、今日は少し短めに自転車に乗ってきた。出発から薄暗いのでライト付きのクロモリで、飯塚の自衛隊の近くまで行って帰ってきた。基本的にプールに行く道。
 適度にアップダウンが有るので良い練習になる。今はペダリングの技術というか、どういう動きが良いのかを考えて漕いでいる。動きはクランクで規制されるので、実際は荷重のかけ方に成るのだろうか。
 まだ良く解らん。でもこの気持ちで冬の間を乗っていけば、春頃には何らかの成果が現れて居ると思う。。。たぶん。

バイク 30km

|

« 意地で修理した | トップページ | カムチェーンを繋いだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 意地で修理した | トップページ | カムチェーンを繋いだ »