« 栗拾い、いろんな人達編 | トップページ | 将来のレベッカ・ソニに会ってきた »

2010年10月11日 (月)

バルブフェイスカッタ

10111 そのまま組むにはちょっとだけ段差が有りすぎな気がする、XSのインテークのバルブフェイス。
 フェイスカッタに載せて軽く削ってみるとこんな感じになった。やっぱり削るしかないか。。。と重い腰を上げてフェイスカット。
 バルブシート側は20代の頃と思うけど、前回ヘッドを開けたときに修正している。ドライバの軸にアルミのブロックを取り付けて、ヤスリを加工したバイトで削っている。こっち側は大丈夫。
10112  加工後のインテークバルブの状態。研磨の筈なのに表面が粗い気がするのは、我が家のフェイスカッタの砥石軸の剛性が若干低いから。
 でもこのままで使う訳じゃなくて、現物あわせで摺り合わせをしてから使うから実害は無い。。。私の環境なら。
 でも鏡面加工をするような人なら、摺り合わせ前のフェイス面もピカピカの研磨面で有って欲しいと思う人が居るかもしれない。
10113  これが我が家のバルブフェイスカッタ。砥石はチェンソーの目立て用ダイヤモンド砥石。砥石軸の剛性が低めなのは、私の腕が細いから。
 ただ、グラインダは刃物台の角にも当てているので、角度関係は実用上問題の無い程度に調整は出来るし再現性も得られる。
 剛性が低いことは現状のフェイス面に習ってしまう事も意味するけど、これはステムの固定精度が多少悪くても、現状のフェイス面に習ってそれなりに削ってくれると言うメリットも有る。。。かもしれない。取りあえずこんな感じで4本のバルブフェイスを修正した。

 摺り合わせでもしようかと思ったら、タコ棒の吸盤がひび割れて使えない。ストレートの葉書が来ていたので、様子見がてらストレートまで行ってみた。
 1/2のくせに700Nm近いトルクで11,000円のインパクトが面白いと思ったけど、エアの消費量が多くΦ10のホースが必要とか。LとRの切り換えも好みじゃ無かった。
 ショックドライバ用のロングビットが有ったのでそれを買い、サンエスだったか粉の洗浄剤を追加して帰ってきた。XSのバルブはオートバイにしては大きいので、タコ棒は大きい方にした。
10114  摺り合わせ後の画像はヘッド側。まあこの位で良いんじゃ無かろうか?と言う程度には仕上がった。
 今回の作業でバルブコンパウンドは昔に買ったのを1/1000くらい使った。この調子なら孫の孫の・・・ずーっと先の100世紀くらいまで使えそうな感じ。誰か欲しい人はチャック袋に小分けしてプレゼントします。

 背中の調子が戻りつつ有る。朝の薪割りも軽くだけど再開した。そしていつもよりも少し早めに自転車で飯塚のプールに行った。今日は半袖短パンでも快適。
 薪割りの時に気がついた事が有る。薪が割れるには割ろうとする力よりも、斧の軌跡とか速度曲線とかの方が支配的。スイムの腕の掻き方も似ている。自転車もそう言った視点が必要なんじゃ無いか。
 筋肉量に関しては増大を考えていかないと駄目だけど、それとは別の視点でペダリングの洗練も必要だろう。ランとかスイムに関しては考えた事が有ったけど、ペダリングに関しては、回転数とかそんなレベルでしか考えた事は無かった。
 スイムはクロール系の自主トレをした。最後の方で50mのインターバルをやるつもりだったけど、1分10秒サークルで3本やった所で止めてしまった。

スイム 1.3km
バイク 28km

|

« 栗拾い、いろんな人達編 | トップページ | 将来のレベッカ・ソニに会ってきた »

コメント

ストレートから、私にもはがきがきてましたけど、近くにあるのですか?はがきはゴミ出ししました。

投稿: ラ・モート | 2010年10月11日 (月) 23時43分

もう一ついいですか?! ”バルブシート側は20代の頃と思うけど、”ということは、XSくんはズゥート恋人状態ですか?!!

投稿: ラ・モート | 2010年10月12日 (火) 00時10分

 ストレートは千早駅の近くの店に行ってます。近くはないけど休日なら45分位です。

 XSは学生の頃に八幡の解体屋で買いました。「やはた」じゃ無くて洞ヶ峠のある「やわた」の方です。

投稿: みつやす | 2010年10月12日 (火) 08時48分

タコ棒!なつかしい!

投稿: 鬼 | 2010年10月13日 (水) 23時15分

 懐かしいレベルだと、私みたいにゴムがヒビヒビで使えなく成ってますね、たぶん。

投稿: みつやす | 2010年10月13日 (水) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栗拾い、いろんな人達編 | トップページ | 将来のレベッカ・ソニに会ってきた »