« バルブフェイスカッタ | トップページ | 意地で修理した »

2010年10月12日 (火)

将来のレベッカ・ソニに会ってきた

1012 流石に平日はXSの作業が進まない。まあ当然か。代わりになかなか原因が解らなかったGPS60CSXの感度低下の糸口が掴めた気がする。詳細はまた別の時に書こう。

 我が家には不法投棄(笑)が多いと書いたことが有るけど、今回は宅急便で送りつけてくると言う新たな手口が加わった。
 ヤマトの運転手が申し訳なさそうに「リフタが有るんですけど・・・」と言う。リフタが有るなら便利じゃないか?とか思いながら付いていくと、重いリフタを降ろすのを手伝ってくれと言いたかったらしい。
 取りあえず手伝って降ろした。誰が送りつけたか知らないけれど、コイツが来たせいで下をコンクリかアスファルトで舗装するはめになるかもしれない。。。困った。
 取りあえずコンクリートミキサーを載せて動かしてみた。タイヤが埋まって全く動かないだろうと思っていたら、良い方に期待が裏切られた。庭の土とか砂利の上を引きずり回して動かすことが出来てしまった。
 かなり感動した。そして車輪という物を改めて見直した。凄い発明だと思う。逆の方向で「ねじ」の発明も凄い。どちらも「誰か」が発明したわけじゃなくて、自然と各地で洗練されて来たような気がする。

 夕方は直鞍一周駅伝のメンバー確保のために、買収用の栗を袋に入れてU氏の家に行ってきた。怪しいブローカー的な彼は、袋の中の栗を確認して人員の確保を約束してくれた。
 彼の家には将来のレベッカ・ソニが居るらしい。この時間帯ならプールでハアハア言っている筈だけど、今日は体調不良で家にいたのでご対面。
 "いかにも"の体型と風貌でカッコイイ。肩幅が広くてセーラー服が似合わないと話すけど、水着とかウインドブレーカが似合うから良いじゃ無いか、と思う。
 良い人に会えた。数年後に彼女がオリンピックの舞台に立ったとき、「彼女の家に行ったこと有るよ」と回りの奴らに自慢できる。。。しまった、Tシャツにサインでもして貰えば良かった。
 家に帰ったら暗かった。でもハイレベルなアスリートの顔を見た事でモチベーションが上がっており、直ぐに着替えて走り出した。距離は短いけど家でボーッとしているより数十倍も良い生き方だと思う。
 西中に寄ってみると、真っ暗な中で陸上部と野球部が練習していた。やっぱり走ることにして良かった。暗い裏の峠を越え、倉久経由でトヨタを横切って帰ってきた。
 最後の方は冬の駅伝対策としてペースを上げてみた。ウルトラ対策で長い距離でも疲労感は薄くなったけど、反動として短い距離のスピードが落ちている。これからはそっちも強化しよう。

ラン 11km

|

« バルブフェイスカッタ | トップページ | 意地で修理した »

コメント

エヘヘ はじめてコメントですね。
なにやら 凄いことになってますよ!!
車力屋 でも 始められそう!!
(車力屋なんて知ってるお年頃です。)

投稿: MASA | 2010年10月13日 (水) 05時05分

 ども、初めまして(笑)。
 XSの方は少し停滞気味です。高校生の頃のように、真夜中までエンジン弄って翌朝学校に行くとか、もう無理なお年頃です。
 キャブのピストンダイヤフラムの代品、何処かから探してください。

投稿: みつやす | 2010年10月13日 (水) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バルブフェイスカッタ | トップページ | 意地で修理した »