« 薪割り | トップページ | オートDの基板修理 »

2010年9月16日 (木)

ユンボのシム

0916 今日は少しだけ走った。ハーフくらいなら筋グリコーゲンとか疲労とかが走りに影響しそうだけど、100kmとかに成ると結局はヘロヘロに成るから意味が無いような気がする。でも明らかに疲れているのデメリットのような気もするので、軽めに11km。
 ハイドレーションシステムのザックは海岸清掃で試したけど、腰にボトルを付けるタイプは使ってなかった。今日はそれを使ってみることに。
 2年ほど使っているので大きな違和感は無い。でも慣れてないから紐とかが当たる各部に違和感は有る。でも全ては許容範囲なので由とした。
 良くないのは今年の皆生のボトル。去年は出てないのでもしかしたら去年からかもしれないけど、材質が変わってしまって硬い。特に蓋の開閉がしにくくて、気の短い私は放り投げそうに成ってしまった。ボランティアの人達は良くこれに詰めてくれたな・・・と感謝。

 帰ってから時間が有ったのでユンボのシムを作った。ガタガタのピンの横に入れるヤツで、こんなのが必要なのはボロだという証拠。程度の良いのは高くて買えないので仕方ない。
 廃材を適当に切ってから、重ねて旋盤で加工した。最初の切り方が適当だったので、一部に外周の円が欠けているのがある。装着したら見えないし、外周は擦れる所じゃ無いから問題なかろう。

ラン 11km

|

« 薪割り | トップページ | オートDの基板修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薪割り | トップページ | オートDの基板修理 »