« 小さな事の積み重ね | トップページ | 薪割り »

2010年9月14日 (火)

ユンボの油圧ホース交換

0914 なんか最近はホースの交換ばかりしている気がしてきた(笑)。エアホースに続いて、今日はユンボのホース交換がやって来た。
 作動油が吹き出して慌てた訳じゃない。塗装中に微小な漏れが発見されたので、私にしては珍しく予防的に交換しておいた。漏れてからだから予防じゃないか?・・・。
 五日市に住んでいた頃は、歩いて5分の所にコマツが有ったけど、ここの廻りにホース屋は見あたらない。建機屋と農機のサービスセンター数件に電話したけど、自社ではやってなかった。どこも移動のサービスカーを呼ぶらしい。
 遠賀のホース屋に電話したけど出なかった。あとは北九州市と福岡市の周辺のホース屋しかない。飯塚辺りにあるのかもしれないけれど、これ以上探すのに時間をかけるよりも動いた方が早いので軽トラに漏れたホースを積んで出掛けた。
 時間は同じくらいだけど、道的に犬鳴経由の方が気分がよいので福岡のホース屋へ。空港近くの杉村部品機工部という所へ。それほど大きな工場では無いけど、高圧ホース専門としてはかなりの規模と思った。
 感心したのは工場の綺麗さ。ピカピカでは無いけど十分に整理整頓されていてスッキリとしている。社長か工場長の人柄なのだろう。うちも見習いたい。これだけでも行ってみたかいがあった。
 ホースは直ぐに出来た。オリジナルにならってコイルバネみたいな保護を付けて貰い、1本が3,500円弱だった。経験が無いから解らないけど、品物と必要な機材や工数を見ていると、十分に安そうな気がする。
 一つ勉強した。設計者として「外装ワイヤーブレード」の指示とかしたりしていたけど、メッシュの筒にホースをどうやって通しているか知らなかった。ここにその機械があった。なんと、ホースの廻りにその場でメッシュの筒を編み上げて行くのだった。凄い。何事も現場を経験しないといかんなと痛感。
 帰ってから直ぐに付けたらイイ感じ。左側も同じ長さの同じ仕様なのだから、あの値段なら2本作ってもらって左右とも交換しておけば良かった。。。

 今日は少し短め。以前は日常的に走っていた13kmのコースをゆっくりと走った。西中で水を飲んでいたらエイミーが話しかけてきた。100、200、100x4リレーの4種目で筑豊大会に行くらしい。でも、まだほれぼれするような脚じゃ無いので、県大会は無理かもしれない。
 エイミーに話を聞いていたので、帰り道にピザ屋の看板を見に行った。親父はまだ吹きつけの作業中だった。文字の廻りにピザ窯のレンガの絵が描かれている。センスも良いしこういう技術もあるのか。。。
 明日、チクスキの取材が来るらしい。それまでに絵を仕上げたくて、結構急いで仕上げたらしい。もう少し書き込んで完成とか。完成したらここでも写真を紹介しようと思う。

ラン 13km

|

« 小さな事の積み重ね | トップページ | 薪割り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さな事の積み重ね | トップページ | 薪割り »