« ユンボのシム | トップページ | 出来るのは、草刈と走ること »

2010年9月17日 (金)

オートDの基板修理

0917 以前も書いたと思うけど、私のママチャリにはシマノのオートDという電動4段の自動変速システムが組み込まれている。
 先日それの電池が数年ぶりに無くなったので、1,000円位するリチウム電池を買ってきて交換していた。しかし次に乗ろうとしたら既に放電してしまっていた。こう言うのは故障というのか?
 しばらくはやる気が無かったのと忙しかったので放置していたけど、性格的に調子の悪い機械が嫌い。と言うかなんかイライラする。それが他人の所有物であっても。
 コントロールユニットを開けてみたら内部に水が入っていた。嫌な予感を感じながら基板を取り出してみると、電源入力コネクタ、電源オンオフ?のFETかトランジスタ、珍しい0.65mmピッチの4538、この辺りが腐食というか電気分解というか、そんな感じで脚が無くなったりしていた。
 DIPの4538なら手持ちが有るし、1.27mmピッチなら通販で直ぐに手に入る。でも使ってあるのは0.65mmピッチ。うーんと唸りながら探していくと、オンセミの通販というかサンプル請求のページで見つけた。
 ここは10個までは無料で、それ以上は有償になる。今回は1個でサンプル扱いだけど、海外送料の20ドル程度は必要なので、結局はデジキーとかと大差ない出費には成ってしまう。でも国内商社の見積が帰ってくる位のタイミングで入手出来るので、有償の個数が必要な時でもよく使う。

09172  張り替えて防水用にワニスをべっとり塗り、ユニットに組み込んだ。今度は水が入らないように、合わせ目には液体パッキンをべっとりと塗って組み上げた。
 普通に動き始めた。基板のパターンが変色していたりするので、リーク電流が増えているかもしれない。でもそのくらいなら寿命の3年が2年に成るくらいだろう。
 これでしばらくはデュラよりも高度な?電動自動変速を楽しみながら乗ることが出来る。

 今日はプールの日。日曜は100kmマラソンだけど、あまり気にしても仕方ない。今は100km用の練習とかもしてないので、金曜日の夜に泳ぐくらいはなんの違いも無いと思う。
 始まる前に歩くように泳ぐイメージでずっと泳いだ。たぶん1.8kmくらい泳いだけどあまり疲れた感じはない。心拍数はジョギングほども上がって無く、まさにゆっくりと歩いている位の強度を感じる。少しだけ出来てきたかも。
 スクールは1名に1レーンを使ってのレッスン。隣は長濱なので負けられない(笑)。クロールのドリルを中心に、時々平泳ぎが入る感じだった。
 今日のメインは100mを7本だろうか。本当は10本くらいしたかったみたいだけど、時間の関係で7本になった。良かった。
 2分30秒サークルと言われて出たのだけど、1本目を1分40秒で帰ってきたらサークルが長すぎたと言い出した。こっちもウダウダ言ったら、最終的に2分20秒に成った。
 2本目は1分45秒で3本目から1分50秒くらい掛かるように成ってしまった。維持しろと言われたので頑張ろうと思ったけど、そういう風に思うとフォームが崩れて遅くなるのが常なので、力まずに少し力を抜いてサボるくらいの気持ちで泳いだ。
 結果的に3本目以降はずっと1分50秒を維持できたので、まあまあだろうか?本当なら1分40秒を維持できないといけないのかもしれない。

 玄海が明後日に迫ってきた。上にも書いたけどウルトラ用の練習はしていない。でも去年は考えずに走って途中から歩き、「絶望的に進まない感覚」を味わってしまった。今年の目標はまず「歩かない」事。
 数年前の暑い大会で10時間30分くらいで完走できているけど、今は年齢的に3%くらいは落ちていると思われる。あとは水泳と自転車用に体重が2kgくらいは増えているので、この影響で100kmなら15分くらいは遅くなるんじゃ無かろうか。
 こう考えて見ると、過去の10時間30分が、今回は11時間04分に変化する事が予想される。これ以上のタイムが出れば歳の割りに頑張っていると評価しよう。
 皆生の時に比べると身体は今の方が絞れている。ランニングに関しては皆生の時よりも今の方が走れている感じが有る。とは言っても楽な気象条件でも10時間30分くらいがベストかな?と言う気持ちでは有る。

スイム 3.3km

|

« ユンボのシム | トップページ | 出来るのは、草刈と走ること »

コメント

はじめまして(^^)
突然ですが、オートDの事でお聞きしたいことがあったのですが、私も、オートDの着いている
自転車に乗っているのですが、エラー表示が
出るのですが、これはどこが壊れているのでしょうか?自転車事態は乗れるのですが、切り替えが出来ません。自転車屋さんに行ったら、部品がないので治すことができないと言われ、色々調べていたら、こちらのブログにたどり着きました(._.)20年ほど乗っている自転車なのですが、壊れるまで乗っていたいと思っているのですが、
どこに修理を出したら良いのでしょうか?
教えていただけたらお願い致します。
突然申し訳ありませんでした。
追伸 澤と言います。

投稿: | 2016年5月 5日 (木) 21時47分

 この症状だけではBB付近のボックス側なのか、手元コントローラなのか、変速機内部のアクチュエータなのかすら解りません。メーカの部品供給が無くなっているとすれば現物の再生的な修理に成りますが、一般的な製品では無いので業務としてやっている所は無いような気がします。少なくとも私は知りません。
 単発で解析・修理を依頼すると下手したら数十万の単位に成りますので、ランボルギーニミウラの電子部品とかじゃ無い限り、この方向もあり得ない様に思います。
 結局、自分でゴチョゴチョやるしか無いのではないでしょうか。

投稿: みつやす | 2016年5月 6日 (金) 08時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユンボのシム | トップページ | 出来るのは、草刈と走ること »