« 中古の調理台 | トップページ | 7型 マルノコ »

2010年8月 8日 (日)

キッチンの配置完了

0808 練習会の日だけど、大臀筋の具合がよくなるまではしばらく忘れる事にした。だいぶ良くなったけど、まだ普通の状態までは行ってない。

 朝一に調理台のステンレストップを合板の上に接着した。硬化を待つ間に各部を清掃したり補修塗装したりして昼頃にはほぼ完成。
 午後からは息子も手伝わせて流し台などの入れ替え作業。壁の漆喰塗りも完了していなかったので、撤去した後で取りあえず隠れる部分だけは漆喰を塗った。
 この部分の壁は2年以上前に作業を開始したところ。途中まで作業して流し台を仮置きし、生活が始まると放置状態になってしまった。まあこういう傾向は有るし仕方ないのだけど、2年は長すぎるよな・・・と自分でも苦笑。今日の残りの部分は何時作業出来るのだろうか?
 部屋の内幅が4000mm程度ある。その中に左から、強火用の隙間が200mm、コンロが900mm、調理台が1500mm、シンクが1200mm、右側の隙間が200mm、と成っている。
 嫁さんは調理台の幅が欲しいと言っていたので少しは理想に近くなったかもしれない。水切り付きのシンクも使いやすそうな感じ。水切りの縁も今までの家庭用よりも高いし、水勾配もはっきりと付いている。調理台は合板を9mmにしたので剛性感がアップした。
 そして一番の違いは、向こうの壁とか下の床とかが丸見えなところ。壁と流し台の隙間とか、扉の中とか、流しの脚と床の間の部分とか、そう言った部分に埃とか、食べ物のカスとか、ゴキブリとか、見たくない物が溜まっていくのが嫁さんは我慢が出来ないらしい。確かにそう言う見方も出来ると思う。
 取りあえずここまで終わった。右側の土壁の残りの部分は、三男が漆喰を塗ることに成った。かなり凸凹しているので2回か3回塗らないと平らに成らないと思う。
 私の仕事は水とお湯の配管をきちんとやり直すこと。お湯の配管は銅管の外に保温材が付いたようなタイプなので、改造には継ぎ手を準備してろう付けの必要がありそう。

 これで1日が終わった。かなり疲れた。強度は低いけど練習会に匹敵するくらいの疲労感が得られた。大臀筋の具合は悪くは成ってない。この調子で家の仕事をこなしていき、徐々に回復させて可動域を拡げていこう。

|

« 中古の調理台 | トップページ | 7型 マルノコ »

コメント

「この調子で家の仕事をこなしていき、徐々に回復させて可動域を拡げていこう。」とは見上げたもんだ。私なんぞは、ここ2,3日、ホームセンターで売り切れ状態の「遮光ネット、遮光率70%」を南側の窓の廂に取り付けた程度。

投稿: | 2010年8月 9日 (月) 07時56分

 古い家と中途半端な土地が有るから困ったもんです。放っておくと酷いことになるし、手をかけ出すときりがないし・・・。
 うちも寝室の窓になにか付けたいですね、朝日がガンガン入ってくるので。

投稿: みつやす | 2010年8月 9日 (月) 09時02分

本物の漆喰を塗ったんですか?
下地とかはどうされたのですか?

なかなか左官で仕上げるのは素人には難しい作業です

素人ではナイ?!!
と、言う事でしょうか?

投稿: 従姉妹 | 2010年8月 9日 (月) 21時36分

 「富士漆喰」と書かれたセメント袋みたいなヤツに入った20kgか25kgで2,000円くらいのを使ってます。
 土壁は表面の砂の層を剥ぎ、薄めた木工用ボンドを塗って表面を押さえました。ボンドが乾いた後で霧吹きで水を拭いてから鏝で塗ってます。
 ケイカル板はぞうきんでベチャベチャに湿らせて、鏝で塗ってます。
 右側の壁土の色が地図みたいに成っているのは、竹まで見えていたので壁土を塗り直して補修した跡です。ここは気休めに藁と木工用ボンドを混ぜてます。この上に漆喰を2-3回塗ることに成ります。

 仕上がりの美観とか、必要な時間とか、耐久性とか、難しい事を無視すれば(笑)素人でも問題無しです。

投稿: みつやす | 2010年8月 9日 (月) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中古の調理台 | トップページ | 7型 マルノコ »