« アースの効果 | トップページ | オモシロク ナール »

2010年8月12日 (木)

茅乃舎

 12日で一般的にも当初の予定からも休みなのだけど、零細企業なので作業。家内制手工業で某基板の半田付とか、部品棚の整理とかしていたら直ぐに夕方に成ってしまった。

 盆なので妹家族が帰省している。向こうの旦那の両親とうちの両親とか合わせて2家族で晩飯を食いに行くことになった。両方の両親共にそろそろ(笑)なので、最後の顔合わせに成るかもしれない。ハハハ。
 犬鳴を超えて直ぐの信号を右折。少し走ったら山に向かって右に進路を変えて数キロ走る。景色が家の近所と全然変わらん。田舎者がこんなところまで飯を食いに来る意味が有るんか?とか自問した。
 しばらく走ったらデカい茅葺きの家が現れた。最近はやりの古民家とかではなくて新しく設計施工された家みたい。確かに凄いが趣味が良いのか悪いのか良く解らん感じではある。「茅乃舎」と書いて「かやのや」と読ませるらしい。
 嫁さんが予約していたコースの料理を食った。いつも家で食っているような料理が、量を1/5にしてその分は品数を増やして出てきた感じ。量を喰いたい若者達はスタミナ太郎の方が良いと思うけど、ウエストが気になるご婦人方の会食とか良さそう。
 基本的にいい感じとは思ったけど、最後の汁が納豆汁が標準とはどういう了見なのか!?福岡の田舎の自然のスローフードの最後が納豆かよ・・・。この辺りの爺さん婆さんは、鐘崎の行商から買った明太子は食べても納豆は喰わんだろ!?とか、一人で毒づいていた。
 そう、私は納豆が嫌いだ!。そう言うと良く理由を聞かれるけど理由は簡単、「腐っているから」。異論反論は受け付けない(笑)。

|

« アースの効果 | トップページ | オモシロク ナール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アースの効果 | トップページ | オモシロク ナール »