« 256-21639-00 | トップページ | シルバーピジョンのレギュレータの中身 »

2010年6月10日 (木)

シルバーピジョンのレギュレータ

0610 今はDCダイナモ関係の仕事が3件入っていて、そのうちの1件がこれ。シルバーピジョンのレギュレータ。一応書いておくとシルバーピジョンはあの三菱が作っていたスクーター。富士重工もラビットを作っていたくらいだから、まあ、それほど驚くことでも無いか。。。
 他のレギュレータを付けたら数ボルトは出たらしいので、取りあえず今回はレギュレータだけの作業予定。
 この画像で見える範囲はかなり程度が悪いけど、カバーの中は意外と綺麗。サビサビでコイルも切れたような状態なら、トランジスタ式に入れ替えた方が不安無く使えるとは思うけど、今回は貴重な機械式のままで生き返らす予定。
 順にチェックしていくといくつか不具合が出てきた。カットアウトリレーの電圧が異常に高い。良く見るとストッパ以外の部品が変形している。変形させた?
 ボルテージ/カレントリレーの電圧も異常に高い。これは充電不良のためにどんどん高くしていったんじゃ無いかと思う。こんなのは良くある。
 最後に、フィールド電流調節用の抵抗が切れていた。数カ所で細くなって居るので、たぶん全体的な寿命と思われる。
 まずは抵抗を準備しないといけない。残ったニクロム線から全体抵抗を推定したら60-65Ω辺りと出た。異常に高い値だけど、所謂低速接点だけでフィールド電流をゼロにする高速接点が無いタイプなので高めなのかもしれない。
 抵抗値が相当高いので、再生に使う細いニクロム線が手持ちに無い。これを手配して、来るまでの間に残りのリレー類の整備と電圧調整していこう。

 昨日のランニングはかなり身体に効いた。今日はゆるめのスイムにした。ママチャリでB&Gに行ってゆらゆら泳ぐ。
 今日は1時間の間ずっと6ビートの脚を意識して泳いだ。少し前進したけどなんか変な感じが残っている。左呼吸の時はよいけど、右呼吸の時は脚のタイミングが逆みたいな気がする。
 ただ、2ビートの時は左右の事を言われるけど、それ以外の時は右とか左とかは言われたことが無い。と言うことは全体的なリズムさえ維持できて居れば、細かいことは後でよいと言うことかもしれない。
 50mを1分30秒サークルで延々と泳いだ。右呼吸だと53秒くらいで帰ってくる。左呼吸だと57秒くらいで帰ってくる。こんな感じ。もう少し急げるけど、それをやると脚のタイミングが解らなくなる。

スイム 2.0km
バイク 16km

|

« 256-21639-00 | トップページ | シルバーピジョンのレギュレータの中身 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 256-21639-00 | トップページ | シルバーピジョンのレギュレータの中身 »