« マルツパーツ館 | トップページ | 若い人と競う意味 »

2010年5月 8日 (土)

海水パンツ

0508 「海水パンツ」と自分で打ってみて変な感じがした。「かいすいぱんつ」やっぱり変な言葉だと思う。海水専用のパンツなのか?いや、海水浴で履くパンツなのか?
 海水浴以外で履いても駄目とは言われないとは思うけど、どうして海水パンツなのだろう?川とか池で泳ぐときはフリチンとか褌で、ハレの舞台である海水浴の時に履くから海水パンツ?
 水着と言えば少しは心の中のモヤモヤが晴れるけど、年齢的なものか、海水パンツとか海パンと言う言葉の方が先に出てしまう。
 新しく買ったのも、今までのと同じでアリーナのタフスーツ。前のを買ったのは宮若スイムクラブに入ったときだと思うので、もう2年以上もはき続けている事になる。いかに練習していないかが解って恥ずかしい(笑)。
 同じタフスーツのブランドだけど、新しいのは履き心地が全然違っていた。凄く感触が良くて伸縮性も良い。これで本当に前回と同じ程度の耐久性が有るのか?と不安に成るくらいしっくりする。
 プルブイはアシックスのヤツ。最近は飯塚のプールも人が多くてプルブイが無いことが有る。夏になってB&Gに成るとビート板しか無い。で自分用を買ってみた。
 ビート板にも使えるミズノ?のは武友さんが持っているし、私の泳力ではあれでキックは出来ない。スピードのヤツは長濱が買った。飯塚に置いてあるタイプが使いやすいけど同じ色だと間違いそう・・・と言うことで、消去法でアシックスのピンクに成った。
 なかなか可愛らしくて悪くないと思う。マジックで名前を書いておこう。

 山の道に倒したままに成っていた竹を片付けた。道が復旧したので力丸君を入れて、その先にある玉切りにした杉の木を持ち帰った。細い木が2本分だけど4往復分有った。
 久し振りに薪割りをしたら凄く感触が良かった。以前も思ったけどやればやるほどスイムと薪割りは似ている。水泳の先生は薪割りも巧いと思う。
 上手に割れているときはあまり疲れない。斧に対する力の加え方が良いのだと思う。下手なときは数回割っただけで疲れてしまう。スイムで疲れる割りに進まない時に凄く似ている。

 天気もよいので仕事が終わってから自転車でプールに行った。脚の調子がイマイチ良くないので軽ーく軽ーく漕いでいった。するとこれがよい感じ。スピードの低下はほんの僅かなのに、疲れ方が劇的に少ない。これは何かのヒントかもしれない。
 プールでは超スローとノーマルの交互を練習した。あとは、板キック、板無しキック、伸ばした片手プル、きおつけの片手プル、スイム、を3セット。
 帰りも脱力して漕いだら楽に前に進んだ。余り調子が良くないけど、明日の練習会はこの調子で行ってみようかと思う。エリートみたいな人の中で、脱力したような動きでは顰蹙だろうか。。。うーん、悩む。

スイム 1.8km
バイク 28km

|

« マルツパーツ館 | トップページ | 若い人と競う意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マルツパーツ館 | トップページ | 若い人と競う意味 »