« 若い人と競う意味 | トップページ | 2種目 »

2010年5月10日 (月)

スイム・スイム・スイム

0510 最初に言い訳。昨日の練習の後で武友さんと泳ぐ話をした。帰るまではモチベーションが高かったのでそのつもりだったけど、帰ったら先日のKL250Dが入庫していた。うちはバイク屋か(笑)。
 パンク・Nランプ点滅・チョークワイヤー切れ、の三重苦状態らしい。取りあえずホイールを外して25年間密着していたビードをプレスで落としてチューブを確認。タイヤの摩耗も酷いから全交換で。
 チョークワイヤーは部品が出るかどうか解らないので、最初から自作する方向で考えた。真鍮棒でタイコを作り、自転車用のステンレスワイヤーと組み合わせたら近いのが出来る。バイク屋に行くより早い。
 とかなんとか話したり、考えたり、作業したり、、、していたら時間が過ぎた。でもスクールの日に出て行く時間にはなっていなかったので、まだまだ余裕でプールに行くことは出来た。でも・・・行かなかった。
 ああ、駄目だ。弱い。口だけだ。。。でもあまりに思い詰めるとキツくなるので、適当なところで自分を自分で許してあげた。明日からでいいよ。

 昨日の結果を思い起こしてみると、去年のアクアスロンと全く一緒。スイムで出遅れた後は、マイタケちゃんと毎回同じ場所ですれ違う。と言うことはバイクとランの力は全く互角と言うことになる。去年も今年も。違いはスイムの能力と私だけがウェットを脱ぐ時間。
 計算のしやすいランで計算すると、すれ違う位置から彼女との差は約400m程度だったと思われる。お互いにキロ4分15秒くらいは出ていたと思うので、時間差は1分42秒となる。
 バイクでは少し追い上げた感じがしたので、バイクスタート時の差は2分と考えてみる。そして私だけがウェットを脱ぐのに1分かかったとすれば、スイムのタイム差は1分となる。
 400mで1分の差。マイタケちゃんが5分30秒で私が6分30秒くらいだろうか?これが1500mだと4分くらいの差に成ってしまう。そしてウェットを脱ぐ時間を入れたら、ショートのバイクスタートタイムは5分も差が付いてしまう。。。はぁ。。。

 誰が何と言おうと、スイムのタイムをなんとかしないと始まらない。スイムに関しては歳を取ってから始めたし、身長も低いので言い訳しやすい。
 でもマイタケちゃんとか優ちゃん達は縦横(笑)共に私と大差ないサイズ。純那ちゃんに至っては私よりも小さいと思う。理系の人間としては、フルード数的にも筋力的にも不利な彼女たちのレベルまでは到達しないと理屈が通らない事になる。
 さらに名前は知らないけどウイングスのお姉さんが言うには、歳を取ってから初めても400mで6分位は切れるらしい。50mを45秒ペースで巡航。。。本当だろうか?
 私が負けた中学生の女の子達は、朝練と夜練で平日でも3kmくらいは泳ぐと言っていた。休みは5とか6とか言っていたような気もする。同じ事は出来ないけど、なんか考えて対策をしないといけない。

 そんなことを考えながらいつものコースを走った。脚に少し張りが有ったのでLSDペースでゆっくりと。ちょっとだけペースを落とすと楽になる。

ラン 13km

|

« 若い人と競う意味 | トップページ | 2種目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 若い人と競う意味 | トップページ | 2種目 »