« 2SC1815は降伏しません | トップページ | 脳の老化も激しい »

2010年4月26日 (月)

2SC1815を降伏させた

0426 昨日のLTspiceの件が気になって居たので、今日もヘルプを読んでみたのだけど良く解らない。なんか面倒くさく成ってしまったので力業に逃げてしまった。
 順方向の電圧がBE間電圧よりも高く、逆方向は2SC1815の実測値の8.3V辺りで降伏を始めるダイオードを作り、それをBE間に装着しただけ。
 トランジスタが降伏している訳じゃ無いけど、所詮簡易的なモデルなのでどうでも良い。追加したダイオードまでを2SC1815と考えたら良いわけだ。ハハハ。
 と言うことでこんなグラフが出来上がった。先日の実測値とほぼ同じ形が出来上がった。このやり方を延長すれば、CE間に350Vで降伏するダイオードを追加すれば、トランジスタ点火のシミュレーションも少しそれっぽく成りそうな気配。

04262  今日もまだ脚が痛い。でもプールは休みの日。水泳の神様が1日くらい休みなさいと言って居るわけで、スイマーの私は素直に従った。
 代わりにXSの車検整備。距離を乗っていないけど、時間は過ぎているわけだし置いていた方が悪く成りやすい部分も有る。取りあえず一通りやってみた。
 先日の白煙は出なかった。行いがよいからだと思う。ブレーキは前後とも予想以上にダストが溜まっていた。そんなに距離は走って無いのだけどね?
 錆隠しで付けていたFフォークのブーツが破れていた。これはセローか何かの社外品だったと思う。同じ物を買って交換するか、ヤマハを援助するためにセローの純正品を買うか悩む。
 出来上がったのでぐるっと一回りしてきた。久し振りに乗ったらクラッチが硬い。ワイヤーも古いし樹脂のネジみたいな機構もガタが増えてきた。ボールネジでも使って改善したい所・・・。

|

« 2SC1815は降伏しません | トップページ | 脳の老化も激しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2SC1815は降伏しません | トップページ | 脳の老化も激しい »