« クランク長変更 | トップページ | 錦帯、天草、宮島、皆生、玄海 »

2010年3月16日 (火)

試走

 また寒くなってきたけど、昨日交換したクランクの具合を試してみたくて試走に行ってきた。私みたいな性格の人間にとっては、目新しい機材は練習量が増える効果があるかもしれない。。。とか思いながら。
 コースはいつもの鞍手町のコース。漕ぎ始めから軽いのが解る。それと同じくらい腿と腹が窮屈なのも感じる。プラマイゼロかな?
 泉水越しを超えたところでも、以前よりも踏みが軽くなっているのを感じた。やっぱり8%も変わると感じることが出来るみたい。でも後半になると慣れてしまって解らなくなったのも事実。
 室木線跡の道を走っていると風が強かった。1mくらい横に流されることが続いたので、怖くなって山沿いの道に逃げ込んだ。ここから火葬場・遠賀高校経由で帰ってきた。

 第一印象的には、踏み自体は軽くなった。下死点の遠さはそれほど感じなかった。でも少しだけ踵を中心につま先側を動かしてストロークを稼いでいる動きが増えた感じも有る。上死点の窮屈さは明らかに感じる。
 上死点は確かに窮屈なのだけど、下死点基準でサドル高さを合わせたらもっと窮屈に成るはず。そして165mmのクランクは私よりも小柄な女の子が使っていたりもする。窮屈さは柔軟性や動きの改善で対処可能な範囲かもしれない。私が最も苦手としている分野だけど。
 踏力は明らかに軽くなっている。あとは軌跡が8%増えた部分を上手に身体を騙して感じ無くさせてしまうこと。そうすれば中を取って4%くらい出力が増えるかも??と言う怪しい皮算用(笑)。

バイク 28km

|

« クランク長変更 | トップページ | 錦帯、天草、宮島、皆生、玄海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クランク長変更 | トップページ | 錦帯、天草、宮島、皆生、玄海 »