« 図書館 | トップページ | 国産ロケットはなぜ落ちるのか »

2010年3月 8日 (月)

エイシンの充電器

0308 気分転換に毛色の違った作業でもしようと、エイシンの充電器の修理をやってみた。
 依頼を受けて預かっていたのだけど、パターンが焼き切れていたりトランジスタの型番が解らなかったりで意外と面倒そうで、後回しに成っていたもの。
 構成的にはトランスの1次側にタップが設けてあり、高電圧側から「セルスタート」「12V-15A」「12V-2A」「6V-15A」と4段階の出力が得られる様になっている。
 出力はブリッジで全波整流されて制御回路に入る。マニュアルだと制御無しの素通しでバッテリーへ。電圧モニタ用のLEDが点くだけ。
 オートモードだと簡易的な定電圧充電回路になっている模様。これから良く見てみようと言う感じ。
 トランスと切り換えスイッチの質が最悪じゃ無ければ、買っても良いのかな?と思う。部品で買うと絶対にエイシンの値段には成らないから。とは言ってももう存在しないけどね(笑)。

 手袋が出てきたので自転車に乗ることにした。必死じゃなくてユルユルと。でも考えながら。水泳の先生から時々言われる。池形さんも同じ様な事を言っていた。
 アウタートップ実験で感じたように、回転力が無いような気がする。別の言い方をすれば回転させるだけで疲れている感じ。トルクゼロなら160rpmくらい回したい。
 インナー固定で走ってみた。確かに緩い下りでは脚の回転が追いつかない。トルクはゼロなのに必死になって太腿がパンパンに成っている。うーーん、練習の余地有り。

バイク 33km

|

« 図書館 | トップページ | 国産ロケットはなぜ落ちるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 図書館 | トップページ | 国産ロケットはなぜ落ちるのか »