« これは不味くないだろうか・・・ | トップページ | フラットパッケージの書き込みアダプタ »

2009年12月 9日 (水)

ランよりスイム

 今日の夜はなまずの郷で練習会がある。天気は朝から降ったり止んだり。夕方になって少し青空が見えたかな?と思っていたら、17:00過ぎから雲が出てきて雨が降り始めた。
 冬の夜の雨の中で走るほどモチベーションが高くなかったので、例の悪い女に断りのメールを出してプールに行った。
 一人だと緩くなってしまうので、取りあえず50mを1分30秒という制限を決めて泳ぐことにした。やりたくないけどアップ200mの後にキック200mを入れた。
 前回に引き続いて掻ききった後の姿勢をしばらく保持するようなリズムの練習。片手を前に伸ばして反対側の手を体側に付けておけば良いのだけど、前に進みながら掻いた反動とかを受けながらやろうとすると結構難しい。
 出来ないとは言っても、最初にやらされたときよりは上達している。一人でやっても50mを1分30秒でグルグル回せるのだから、死ぬほどキツくない状態を維持していると言うことらしい。
 少しリズムを普通に戻してみたり、ぐーんと伸びっぱなしにしてみたり、色々変えてみながら50分ほど泳いだ。

 帰って晩飯を食ってホッとして、パソコンのメールを見たら「今日は○○さんと二人っきりでした(*^∇^*)」なんてメールが来ていた。お前は中学生か?と聞きたい(笑)。
 確かにあのオッサンは「かっこよくて速くてやさしいねぇ」だけど、手を伸ばして捕まえる事が出来るのを相手にしろよ。。。と思う。
 鍋週間の人も「大変そう・・・。そんなん聞くと結婚に抵抗でますねぇ・・・」とか書いていたけど、オマエらみんな真面目に真剣に深刻に思慮深く考えすぎ!!!。
 結婚なんてネガティブな面が沢山沢山あるわけだし、嫌な所が無い人間なんて居るわけ無くて、一緒にいると嫌な面とかつまらない面しか見えてこないのが普通なわけで、そう言う事例を真剣に思慮深く判断なんかしていたら、人類の大半は結婚なんか出来なくなって滅んでしまう。
 でも自分が今ここに居る理由を考えてみると、親とか爺さん婆さんとかその先代とか、ずっとずっと前にさかのぼって戦国時代に生き残った人とか、縄文土器を作っていた人とか、そんな人が結婚して子供を産んでくれたおかげだと気がつく。
 そう考えると今自分が存在していると言うことは、宝くじが当たるとか外れるとかのちっぽけな確率じゃなくて、もっともっと壮大な遺伝子の繋がりの枝の先っぽにぶら下がっている状態が想像できる。
 そうやって延々と続いてきた遺伝子の連鎖というかバトンパスを途切れさせて良いのだろうか?自分はそのDNAの最後を締めくくるに相応しい人物なのか(笑)?

 神様はそのあたりのさじ加減を上手に調整されているようで、人々が思慮深く考え始める少し前の時期に、どんな人間も輝きを増して異性が素晴らしく見える瞬間を用意してくださっている。
 そしてその瞬間の気の迷いでフラフラと適当な相手とくっついてしまい、適当な子供を作ってアレッ?とか思った時はもう遅い。。。と言うしかけ。
 気の迷いの時期を過ぎてしまった人は仕方ないから、カッコイイオッサンとかカワイイオネエチャンを眺めたりするのはキッパリと止めにして、目をつぶって手を伸ばして最初に触れた独身の異性と結婚した方が良いと思う。
 バカにしている訳じゃなくて本気でそう思う。若い頃の恋愛なんかその程度の出会いだったりするし、昔の見合い結婚なんてそれ以下の情報量で結婚していた。
 その後が幸せか不幸せかはその後の生き方によるわけで、捕まえ方にそれほど大きな差はないと思う。
 なんか今日は変な話しに成ってきたのでこのへんで。

スイム 1.6km

|

« これは不味くないだろうか・・・ | トップページ | フラットパッケージの書き込みアダプタ »

コメント

人生の先輩のおっしゃりたいことはよく理解できるんですが、ぼくら世代からみると「昔はいちいち水分補給はしなかったしうさぎ跳びやってたが、おれの身体は壊れてないし強くなった。いまのやつは科学的だ何だ言ってるが軟弱だ!」という論法ですよ(笑)さいきんはアレッと思った場合には簡単にやめちゃうし、やめないときは子供にしわ寄せがいったりするので、もう遅い…にならなくてもっと悲惨なことになるんですよ。また、だれも若いうちから可能性を狭めたりしませんから、とことん選ぼうとします。昔とはなにもかも違うんですよねー。

いまの時代でも、しかるべき時期にしっかり予行演習していたやつはぜんぜん苦労してなくて、他のこともおろそかにせずわりと地に足がついてます。見合い制度は崩壊しているし、アレッと思ったら簡単にやめちゃうし、とことん選んでるし、練習不足で苦労しているやつは多いし、それらを考えると実質的な少子化の度合いはおじさんたちの世代より悪くなっていないと思いますよ。ぼくらの世代でも、いったん産みはじめたやつはだいたい数人産んでます。結局一番問題であるのは、がらっと時代が変わったときに適応できないやつが苦労してる現状なわけで、いまでいうと、旧世代である親の言う事を良く聞くイイ子ほど予行演習不足で適応できず苦労しているのが実態じゃないでしょうか。いまのわがままな時代の若い連中集めて見合いなんかさせても先々碌なことにならんでしょう。

長い目で見ると、世界中同じように人口が減って行くんであれば相対的な国力は低下しないわけで、若者の考え方が世界中で均質化しててどこの国も遅かれ早かれ同じような道をたどるとすれば、あまり心配要らんように思います。日本はもともとが制約の多かった社会なのでもたついてますけど、将来人口もわりと7〜8000万人ぐらいで安定するんじゃないでしょうかね〜〜。一人当たり国土面積がゆったりなのでいいんじゃないですか。

我が家も数年のうちには小なまずをひねり出す予定で居ります。

投稿: 鬼 | 2009年12月10日 (木) 09時42分

 年寄りの無茶苦茶な主張に反応が有って嬉しいです(^^)。

 水分補給の例は私的には少し違うかな?と言う気がします。これらはどちらも"当事者"同士の意見の食い違いであって、「古い親と今の親」の育児方針の違いでは無いでしょうか。
 私の受ける違和感は、参加しない人がテレビを見ながら「どうせ日本人じゃ勝てないよ」とか言う行為に近い様に感じます。

 ただ、こういう方向に向かっているのも神様がお決めになった方向だとすれば、それもまた正しい自然の摂理かもしれません。
 そう考えると市場の縮小は放っておいて、このチャンスに自分のDNAを世界中に広める努力をした方が良いのかもしれません・・・ますます無茶苦茶な話しに。。。
 子なまずの生誕を期待してます。纏めてじゃ無くて良いから2匹以上で。

投稿: みつやす | 2009年12月10日 (木) 10時44分

手を伸ばしても誰も捕まらん・・・。
憧れの人がいた方が練習が楽しいよ。
毎週どんなに離されても、必死で追いかけています。
結果的には、みつやすさんを抜けるしね。

投稿: shinako | 2009年12月10日 (木) 22時01分

 そりゃあんた、これは駄目、これはパスって無意識のうちに手を引っ込めとるやろ(笑)。

 黒木瞳が3分40秒で先頭を引いてくれたら、私も6周くらい付いていけるかもしれん。そしたらShinakoさんに勝てる(笑)。

投稿: みつやす | 2009年12月10日 (木) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これは不味くないだろうか・・・ | トップページ | フラットパッケージの書き込みアダプタ »