« ユンボのお漏らし | トップページ | 意外と小さかった »

2009年10月13日 (火)

フックレンチの様なもの

1013 実家から帰ってくる嫁さんから、夕方に駅まで迎えに来いと電話が入っていたし、ユンボのオイル漏れを何とかしなければ成らなかったので、今日の夕方は走らずに工作。
 我が家のユンボ君のヘッド側カバーはベアリングナットみたいな形状になっていて、引っ掛けスパナとかフックレンチと呼ばれている工具で緩めるように成っている。
 太陽鉄工とか堀内油圧とかのシリンダなら、外側の4本のボルトを緩めるだけなので普通の工具で済むのだけど・・・と思いながら工具を作った。
 水道管の廃材と、サーボモータの取付フレームの廃材と、突切りバイトの廃材、この3個の廃材を適当に切って溶接して出来上がったのがこの画像のフックレンチの様なもの。
 すこし不安だったけど、意外と素性が良かったのか素直にカバーのねじは緩んだ。でっかいプレスとか、全力をかけても倒れないバイス台とか無いので、ユンボのアームにシリンダを付けたままで緩めた。
 嫁さんを迎えに行く時間が来たので今日はここまで。ロッドエンド部がロッドに溶接されているので、ロッドのパッキンを交換するにはピストンを外すことに成るのだろう。ここも細目の大径ねじだろうか、ナットは変な形だろうか、なんかめんどくさいなあ。

|

« ユンボのお漏らし | トップページ | 意外と小さかった »

コメント

先日は、ユンボ作業中に中断させて申し訳有りませんでした。
油圧オイルの漏れ修理に専用?特殊?工具を拵えられれば同様のメンテはお手の物と成りましょうからますます今の手間が後に生きて来ることになり30年後もこのユンボが裏山で現役で活躍していたらメーカーが買取にくるか儲からないと嫌味言いににくるかそれがたのしみです!
PS:Vサインのバイクでの召還承知です?

投稿: 山向こうの住人 | 2009年10月13日 (火) 22時09分

 いえいえ、今度は変なV型で邪魔しに来てください(^^)。
 今回のシリンダはこれで緩みましたが、次に漏れたシリンダが緩んでくれるかどうか。。。
 取りあえず次の難関は、ピストンを固定しているナット(もしかしてピストンその物?)が緩むかどうかです。

投稿: みつやす | 2009年10月13日 (火) 22時37分

おぉ~特工引っ掛けレンチ製作、溶接はもはやプロですね~・・・まあ、めったに使う物でもないし?

サーボモータの取付フレームの廃材とかが気になる

多分ボールネジの代わりにホームセンターのズンギリネジでもOKの奴だな?・・・気になる

思わせぶりですね~?・・・の様な物とかが妙に気になる、興味を持つ人は皆同じような変な人?<爆

投稿: 少年C | 2009年10月14日 (水) 20時13分

 実験用に三相発電機が欲しくて、代用品として永久磁石式のACサーボモータの中古を買ったんですよ。それがえらく立派なフレームに付いてきて、そいつを材料として色々と使ってる訳です。ちゅうことで単純な廃材でした(^^)。

投稿: みつやす | 2009年10月14日 (水) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユンボのお漏らし | トップページ | 意外と小さかった »