« 玄海100kmのタイム | トップページ | 大牟田10マイル »

2009年10月 3日 (土)

A型フォードですか・・・

1003 非常用のバッテリーパックの修理と言うことで待っていたら、こんな車が坂を上がってきてびっくり仰天。
 1931年式らしい。詳しくないけどT型じゃ無いことは解る。と言うことはA型ですか?1931年式と言えばうちの婆さんと同じなんですが・・・。
 2m以内に近づけない程ピカピカじゃ無い。室内にはペットボトルが転がっていたりして生活臭がある。修理品を持ってくるために、趣味的な足として走ってきた。凄すぎる。
 エンジンルームを見せて貰った。いかにも古めかしいSVの4気筒エンジン。ゼニスの2型キャブレターが付いている。ハイテンションコードは無いけど、ディストリビュータは有ってブスバーでプラグへ給電している。
 この時代に既に、今の基本構成が出来上がっていることに再び驚いた。そしてプラグが今でも700円位で買える事を聞いて3回目の驚き。嫌いな部分も多いけど(笑)、アメリカ人って凄いわ。。。
 バッテリーパックの方は、コントロール基板の問題のようだった。時間がかかりそうなので置いて帰って貰った。後で少し解析したら、出力リレーを駆動しているFETかそのゲート回路がおかしい所まで突き止めた。今日はここまで。

 素晴らしい天気になったので喜んで走りに行った。17:00丁度に出発できたので少しだけ長めに本城のトイレ往復コース。
 西中で水を飲まないでも何ともなかった。本城で少しだけ水を飲んだ。それなのに帰り道でどうしてもオシッコが我慢できなくなり、下有木の高速の下の小さなトンネルの中でやった。
 マメの端っこが完治していなかったので靴下を履いた。それなのにスカイセンサージャパンはスッと履けた。けっこうサイズに余裕が有るなあと思った。
 走っているときは少しだけ膝に違和感というか衝撃を感じた。まだ100kmの疲労がほんの少しだけ残っているのだと思った。
 帰ってから靴を脱いだら軽くてペラペラだった。スカイセンサーじゃなくてソーティーみたいな感じ。棚に靴を置いたら横に中敷きが有った。。。そうだ、玄海の後で洗って別々に干していたんだ。
 自分の感覚が信じられなくなった。中敷きが無くても気がつかずに普通に走って帰ってきた。世の中には中敷きで激変するとまで言っている人が居るというのに。ああ悲しい。
 もう今後は自分の感覚なんか信じない(笑)。

ラン 17km

|

« 玄海100kmのタイム | トップページ | 大牟田10マイル »

コメント

すごすぎ!
こんな車が上有木の家の庭においてある事がなんだか嬉しくなってしまいました。
いいいな。

一度運転してみた~い!
どんな感じなんだろ~クラッチは重いのかなぁ?ギヤチェンジはガチガチって感じなのかなぁ?

投稿: 従姉妹 | 2009年10月 3日 (土) 23時21分

非常用のバッテリーパックの書き出し説明と写真を見て、内燃機関エンジンを搭載する以前の初代電気自動車と勘違いした。<爆

ホイールがスポークの四輪車は最近見た事ないな~燃費はどの位なのだろうか?

1931年式の婆さん?・・・な~んだ~、いつもの記述からもっと御年寄りかと思った。

最近走っている途中と言うか最中の、ウンコとかオシッコの話が良く出てくる???
僕なんかでは考えられない、暖かい季節には夜行けば、明日の夜まで大小どちらも用事は無い。
寒い時期には小は2回くらいだけど、運動して体温が高い時はやはり一回

そう言えば昔、喫茶店とか本屋とかに友人と行くと友人は5回も6回もトイレに立つので
どこか体が悪いのか?と聞くと、別にそうでもないらしかった。
で、一緒にトイレに立つと、僕の1/4位の短さで終わってしまうので、お前キャパシターが小さいな~と言うと、逆にお前が変だと言われた。

投稿: 少年C | 2009年10月 4日 (日) 00時22分

>従姉妹

 車自体の存在感に圧倒されたのも有るけど、メカ的な興味からエンジンルームとか各部の作りとか、そんなのばかり見てました。
 エンジンは調子よく一発でかかっていたけど、もしかして手動進角でノーシンクロとか言われたら普通の人には動かせませんね。

投稿: みつやす | 2009年10月 4日 (日) 20時42分

>少年Cさん

 運動していると、食べることと出すことの比重が高くなってくるので(笑)、自然とその手の話題が増えてしまいますね。
 それにしても回数少なすぎませんか?私は、小は明るいうちに5-6回。寝ている間に0.3回くらい。大は1日に1.3回くらい。それぞれ行ってる気がします。

投稿: みつやす | 2009年10月 4日 (日) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 玄海100kmのタイム | トップページ | 大牟田10マイル »