« 楕円でぶっちぎり | トップページ | 平ツメ? »

2009年9月 1日 (火)

位相をずらしてみた

0901 今日も自転車。楕円ギヤとクランクアームの位相をずらしてみた。昨日はクランクが水平から15度下向きに成った時、楕円の長径と引き側のチェーンが直角になる様にセットした。
 今日は15度戻して、この画像のようにクランクアームが水平の時に長径とチェーンが直角に成るようにしてみた。要はクランクが水平の時が一番重い取り合いに成っている。

 コースは昨日とほぼ同じコースで、泉水を越して鞍手町に抜け、室木線跡の道を3号線まで行って帰ってきた。そこから少し違っていて、今日は猿田峠を越えて赤間に出て、赤木峠を越えて帰ってみた。
 乗り始めはちょっと違うかな?と言う感じ。1時2時の辺りが昨日よりも重くなった感じがした。でもこれはそう言う取付を自分でしているので、頭がそんな風に感じさせて居るのかもしれない。まあその程度の差という事。
 漕いでいくと昨日よりも重たく感じる。これは実際に重いのかもしれないし、初めて使う筋肉が昨日のペダリングで疲れているせいかもしれない。
 何となく悩みながら最後まで漕いできて、結局フィーリングで今日の位相でしばらく走ってみることに決めた。
 最初は動きや使う筋肉に違いがあるので、今までよりも遅くなる可能性が有る。そこからしばらく乗っていれば、もしこのセッティングが私に合っていれば速度がほんの少し向上する予定。
 微妙な差と思うので違いは分かり難いと思うけど、バイキングの先頭集団に残る時間が徐々に長くなる事を期待しよう。

バイク 35km

|

« 楕円でぶっちぎり | トップページ | 平ツメ? »

コメント

んん・・・
そう言えば、光安さんが小学校1~2年生の頃、お金持ちの土方の親方の息子が乗るセキネサイクル?とかのカッコいい軽快車で12段?変速の奴にそんな楕円の奴が付いていたのを思い出した。スピードメータも付いていて60km/h出ると自慢していた。
鉄フレームの重たい自転車しか知らない僕は、オールアルミアルマイトフレーム・細いタイヤ・ハンドル位置より高いサドル・白の穴明グリップテープが巻いてあるドロップハンドルは、始めて見たので斬新だった。
でもレース車ではなく?空気入れや前後フェンダーも付いていた。
だけど奴はケチで、乗らせてはくれなかった<爆

投稿: 少年C | 2009年9月 2日 (水) 18時30分

 ネット上には「シマノのバイオなんちゃらが始まり」見たいな記述が散見されますが、すでにあの時代には市場に有りましたね。目的とか細かい所は違うのかもしれませんが、円形じゃないスプロケットは。
 うちの近所は鋪装すらされていない凸凹道でしたから、泥よけもないレーサー?は使えなかったでしょうね。博多くらい行けば走っていたのかも?

投稿: みつやす | 2009年9月 3日 (木) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楕円でぶっちぎり | トップページ | 平ツメ? »