« スライディングハンマー | トップページ | 土建屋さんごっこ »

2009年9月23日 (水)

栗拾い

0923 一番大きな実のなる栗の木が丁度よいタイミング。今日は友人の一家が栗拾い。ちょうどカワイイ盛りの兄姉?を連れて。
 八分搗きくらいの新米のおにぎりに、お土産に貰った辛子明太子の昼ご飯。おにぎりが少なかったので、これまたお土産のナッツの入ったケーキと、これまた前のお客さんのお土産のチーズカステラで腹を満たす。
 子供にとっては面白く無い様な気がしていたけど、意外と盛り上がって拾ってくれたので嬉しかった。拾い終わってから栗を並べて数えている。こうやって子供は色々な事を吸収していくのだろう。年を取っても刺激的な毎日を送りたいと思う。
 サツマイモも掘れるくらいに成っていたので掘って貰ったけど、こっちは子供よりもお父さんが必死。後は畑の残り物の、ミニトマトとかキュウリとか、適当に持って帰って貰った。
 ちゅうことで、現在の光安家には栗とサツマイモが結構沢山あります。ヘルメットと長靴持参で(笑)どうぞ。

 脚の回復が素晴らしい。子供に戻ったんじゃ無いかと思うくらいグングン回復していく。昼頃には栗拾いに付き合って歩き回れたし、夕方には一部に筋肉痛が残った位まで回復した。膝は関節じゃ無くて周辺の筋肉だったらしい。よかった。
 そんな状況がはたからも解るのか、嫁さんが散歩に行くぞと言ってきた。プールへは用心して行かなかったけど、散歩ならまあ良いかと思って付き合った。
 しかし予想を覆して痛いところが出た。右の外側の踝の下から踵にかけて、30mmx40mmくらいの大きなマメが出来て、破れて、くっついていた。これが歩く事で再び一部の皮膚が浮いてしまった感じ。
 歩く度にチクチク痛い。でもマメの痛さが最大の痛さな訳で、筋肉痛とか関節の痛みはそれよりもずーーーーと小さい。ハハハ、かなり気分がよろしい。

|

« スライディングハンマー | トップページ | 土建屋さんごっこ »

コメント

自分家の畑で栗拾いや芋掘りや柿取りやナツメや杏や無花果や梨や・・・は、子供の
頃夢だった。
もちろん田も畑も無い<爆
で、さらに僕んちの庭には何故かなんの実も取れない木しか植わっていない<爆
この子達は、年をとっても光安さん所で楽しかったことを忘れないでしょう。

>スライディングハンマー<の様なもの
>ユンボから外した古いピンを捨てようか、素材として取っておこうか<?
爪の所の構造が良くわからん<爆
その下の溶接棒との間にある木製?の箱がもっと気になる<爆

材料はやや大きく・材質は硬く・芯は腐っている訳ではない・・・僕でも何かに使えると思うので
書いてみただけで、光安さんが前者を選ぶ筈はない事は判っている<爆

SS400であっても、それが潰れて使用不能になるほど使う機会があるかな~
それでも十分じゃないかな~なんて・・・。
爪の部分の部品焼入れが問題なく出来ればいいですね。

僕は腐食防止犠牲陽極の重い亜鉛のブロック?セコハンが有るけど、亜鉛メッキやってみようかな~
溶融鍍金は無理だけど、電気鍍金ならそんなに難しくはなさそう?

投稿: 少年C | 2009年9月23日 (水) 22時53分

 私はイチジクとか枇杷とか好きですが、大きく育った頃には次の代の邪魔者に成っていそうで(笑)。

 スライディングハンマーの下の箱は嫁さんの持ち物で、油絵の道具みたいな物が入ってました。今はタングステン棒とセラミックノズルなんかの小物消耗品入れです。

 打撃部にSSはさすがに無理みたいです。SSの廃材で叩き棒系を作ったりしましたが、1-2回の使用で角が捲れてしまいます。

 亜鉛ブロックで電気メッキですか?面白そうですね。取りあえずボルタの電池とか。

投稿: みつやす | 2009年9月24日 (木) 08時11分

我が家でもおじさんと甥と姪に栗を分けました。どうも同じようなタイミングで同じようなことをしているようですね。しばらくは毎朝栗拾いです。

投稿: Nori-chan | 2009年9月24日 (木) 22時36分

 そうみたいですね。西日本の田舎はどこもこんな感じでしょうか?
 今年は早生栗の出来が凄く悪く、その代わり?に今の時期の栗の粒が大きいです。

投稿: みつやす | 2009年9月24日 (木) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スライディングハンマー | トップページ | 土建屋さんごっこ »