« 土建屋さんごっこ | トップページ | 炭坑の中は大変だったろうと思う »

2009年9月25日 (金)

メチャ動きが悪い

 全面的に回復したようか気分になったので、久し振りにプールでスイミング。いつもの様にちょっと前に着いて一人で泳いだ。
 腕はそうでもないけど、キックが全然進まない。しかも直ぐに太腿がパンパンに成って動かなくなる。なんかヤバげな感じ。
 スクールはいつもの様に200mのアップ。司君が来ていたので後を必死で追った。アップじゃなくてTTに近くなった。
 次はキックで50mを8本。1分45秒サークルだったか?嫌な予感の中でスタートしたら、予想通りに最悪の結果になった。
 25mで脚が動かなくなり、残りの25mはヘロヘロを通り越した状態で戻ってきた。もう次のスタートをする気力も体力も無かった。
 スタートせずにじっとしていたら先生が「??」と言う顔で見る。100kmの後で脚が動かんと言ったら、まあ納得したのか怒られなかった。リハビリのつもりで12.5mで往復しろと言われたので、皆の半分の距離で泳いだ。
 残りはストローク数を減らしたり管理したりの泳ぎ。腕だけなら何とか成るけど、キックも追加するととたんにストローク数が増える。なんか変。そして苦しい。
 キツいなあ、苦しいなあ、動きが悪いなあ、なんか悔しいなあ、そんな事ばかり考え続けた1時間だった。
 帰りにシャワーを浴びていたとき、キックを追加した方がストロークが増えると言ったところ、「それなら脚を使わないような泳ぎにすればよい」とか「2ビートで控えめにするのを試したらよい」とか言われた。
 なるほどね、言われた事を出来るように成るための練習も必要だけど、ちょっと視点を変えた考え方とか工夫も大事なわけだ。「工夫しないとだめ」と言われる事が有る。「考えて練習しろ」とか「バカは伸びない」とか言うのと同じ事なのだろう。
 確かにスポーツでトップクラスの人達は、意外と?脳みそまで筋肉「じゃ無い」人ばかりだなあ・・・と感じることが多い。速くなるために考えよう。

スイム 1.8km

|

« 土建屋さんごっこ | トップページ | 炭坑の中は大変だったろうと思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 土建屋さんごっこ | トップページ | 炭坑の中は大変だったろうと思う »