« 勝手反対 | トップページ | すみ肉が少し安定してきた »

2009年8月23日 (日)

鞍手町でデュアスロン

 朝は地域の廃品回収が有った。小学生と中学生(の親)が持ち回りで各家を廻り、廃品を回収して回る。今回の我が家は物が多かったので自主的に自分ちの軽トラを出して持って行った。
 今回のメインは修理を断念したと言うか、修理の意欲が湧かなかったCM125T。これはブレーキが死んでいるので三男と二人で坂道を引きずりながら降ろした。
 あとは壊れたテレビとパソコンのモニター。仕事で出た多量の段ボール等々。この廃品回収はテレビとかエアコンとかバッテリーとか、捨てるのに金が必要な物を引き取ってくれる。
 最終的には業者が買い取って、それを輸出・修理してリユースされるのだけど、こういうシステムが金儲けの手段として成り立つと言うことは、政府がやっている消費者から金を取ったうえで、潰して材料としてリサイクルするシステムより進んでいるような気がする。

 結果的に今日は午後からの練習に成った。ちょうど鞍手町の松尾さんが練習会をするからと誘ってくれたので、そっちに参加することにした。松尾さんは私の水泳の先生の会社の事務所の大家さん。なんか複雑に繋がっている。
 旧5差路の辺りをスタート地点として、交通量の少ない道を中心にバイクとランのコースが設定してあった。基本的に平地なので楽と言えば楽だけど、休むところが無いのでキツいと言えばキツい。
 今日は意外と風が強く、コースが風に正対していることも有って行きと帰りとではギヤが3段も違った。メーターは付けてなかったのでどのくらいのペースかは不明。
 ランは火葬場とか役場の近くを通る道。こちらも田舎道なので車は少なくて走りやすい。基本的に平坦。日が少しだけ陰ってきて走りやすかった。
 途中で自分はケニヤ人に成った事を思いだした。首を傾けて前歯を覗かせて走ったら本当にペースが上がった。この方法は使えると思う。
 水泳の先生から「大家さんには勝て!」と言われていたので練習会だけどマジで走った(笑)。その甲斐あってバイクラン共にぶっちぎりだった。でも相手はエイジが2個上なので当然と言えば当然か。速い弟子が居るらしいので次回は油断できん。
 最後にバイクを10kmほど乗ってお終い。7-11でアイスクリームをおごって貰って解散と成った。松尾さんと他の参加者の方、お世話になりました。

 帰ってからバイクを洗って片付けをした。勝手反対の部品を少しだけ作り直した。女子マラソンを見ながら夕食を食べた。尾崎の位置取りとかスパートのタイミングとか考えていると、自分が走っているような気分になって緊張した。

バイク 50km
ラン 10km

|

« 勝手反対 | トップページ | すみ肉が少し安定してきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝手反対 | トップページ | すみ肉が少し安定してきた »