« 取材 | トップページ | 雨樋を付けた »

2009年7月24日 (金)

雨ヤバイっす

 夕方までは普通の金曜日だった。そろそろ仕事を止めて散らかった工具を整理して、プールの準備をしようと思う頃から雨脚が強くなってきた。
 軽トラで出掛ける頃には相当雨が強く降っていて、こんなときに泳ぎに行くバカは居ないだろうなぁ。。。と少しだけ感じる位だった。
 プールの駐車場から入口まで行くまでに、Tシャツの半分くらいと靴の全部がビチャビチャに成った。プールでは女性が一人だけ泳いでいた。こないだ初めて話した錦江湾横断泳に出るという人。
 雨がもの凄い。雷で辺りがパッと明るくなる。なんか変な感じ。1時間ほど自分なりのドリルをした。一人オバチャンが服のまま来て、今日は誰も来ないと思うから自主トレに成りそうと話した。
 時間になった頃にエイミーちゃんが来た。二人で自主トレしようと話していたら先生が来てびっくりした。しばらくしたら宮中の司君も来て、今日は4名のプライベートに近いレッスンになった。
 なかなか中身が濃いというか、今までとは少し違った個人個人に対する指導が濃厚なレッスンだった。

 レッスンが終わってからは世話人のオバチャンの家のガレージで焼き肉。本来なら宮田の花火大会を見ながらの予定だったけど、花火が中止になったので肉だけは傷まないように食べてしまおうと。
 雨が滅茶苦茶酷い。オバチャンの家は役場の川向かい。この辺りは何十年前かに水没した所のはず。川の水位が既に道から2mくらいまで来ている。ちょっと怖い。
 ガレージで肉を食っていると、目の前をカッパを着た消防団の人が何人も通り過ぎる。何か違和感を覚える。でも悪いことをしている訳じゃ無いし、中州に残っている訳じゃない。
 だいぶお腹が膨れて来たところで川を見ると、道から1mくらいまで水位が上昇していた。素人目にもかなりヤバイ気がする。そんな話をしていたら。「市役所です。避難勧告が出ました!」と言いながら人が歩いてきた。
 まあタイミングもよいのでここでお開き。エイミーちゃんを送っていく事に成っていたので、二人で軽トラに乗り込んで家に向かう。
 羅漢橋から倉久川沿いの道が一番近いけど、この道は昔からよく浸かっている道なので怖い。芹田まで出て笠松小学校経由で帰ろうと決めて芹田のT字路を右折したらバリケードが有った。
 新幹線の辺りが水没していて、車が3台止まっているらしい。仕方ないので引き返して福丸まで出て、水原経由で下有木、六郎丸、トヨタのルートで送っていった。
 エイミーちゃんの家の前の溝というか川も増水していて、何処までが道か解りにくくて怖かった。

 家に帰る途中の橋の欄干に木が引っかかっていた。消防団の車が居て話を聞くと少し前は通れなかったらしい。
 家に帰ったらホッとした。三男は先ほどの橋が水没して膝までの水が横向きに流れているときに、その橋を渡って帰ってきたらしい。何というバカ者。。。一瞬滑ったらもう死んでいた。
 福岡に行っていた嫁さんは途中からタクシーで帰ってきた。良く帰る道が有ったものだと思う。酷いときは至る所が寸断されていた。
 ニュースを見ていたら宮田の避難勧告は避難指示にグレードアップしていた。オバチャンの家は大丈夫だろうか?床屋だから浸水したら被害額が恐ろしい事になる。
 取りあえず家の裏も崩れてなかったし、前の石垣も崩れて無かった。でも石垣はヤバイ。爺さんは「よか!!」としか言わないけれど、近所の子供でも殺したら取り返しが付かない。早いうちに補修というか、斜めの安定した形状に直した方が良いなぁ。。。

スイム 1.6km

|

« 取材 | トップページ | 雨樋を付けた »

コメント

いくら肉が勿体無いからと言っても、その状況で焼肉をしているグループって・・・
目だっていたでしょうねぇ
ホントに皆無事でよかったです。

あっ!まだ分からないですね。
石垣の石でっかいですからねぇ・・・
とにかく皆さんが今のところ無事でよかったよかった!

こちらはもう少しまとまった雨が欲しい状況です。

投稿: 従姉妹 | 2009年7月25日 (土) 00時13分

 ちょっと異様な光景でしたね(笑)。避難勧告までに食い終わって良かったです。
 石垣とか家の樋とか廻りの側溝とか、いろいろやることが出て来ました。

 今歩いてきたら、公民館の横の橋の欄干に、電柱ほどの流木が2本引っかかってました。薪ストーブ用にチェンソー持って取りに行こうかと。

投稿: みつやす | 2009年7月25日 (土) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 取材 | トップページ | 雨樋を付けた »