« プールを独占 | トップページ | 噴射ポンプの銅ワッシャ交換 »

2009年7月27日 (月)

バケットピンのシム

0727 我が家のユンボ君はレンタル上がりなので各部のガタが酷い。他のを使ったことがないので、相対的に酷いのかどうかは解らないけれど、私の気持ちの中の正常な機械と比較したら酷い。
 一番酷いのはバケットピンの左右のガタ。測定してみたところ片側に寄せた状態で3.2mmの鉄板が入るくらい有った。と言うことで1.6mmの板からシムを切り出してみたのがこれ。
 内径が31mmで外径が60mm。内径の31mmは手持ちの汎用のジグソーの刃でギリギリ抜ける位。多量に作るなら31mmのホールソーを買った方が良さそう。この手の物は旋盤では段取りが大変だし。
 後は適当にバリとか凹凸を修正してシムのできあがり。バケットピンに剪断力がかからない様な位置にアーム類の角度を調整し、でっかい割りピンを抜いてΦ30mmのピンを抜いて両端に1.6mmのシムを入れた。
 ついでに穴径を測定してみたら、30.40mmから30.52mmくらいまで拡大していた。最終的には30.50mmのリーマでさらえて、オーバーサイズのピンを作って入れ替えたいところ。
 左右のシムだけでもかなり感触が良くなった。次にガタの酷いのはブームスイングというのか、旋回じゃ無くてブームだけを根っこから左右に振るシリンダのロッドエンドのピン。ここは1-2時間じゃ終わりそうにない。

 何となく今日も走りにいった。脚が重かったけど走り出したら普通に走れた。気温が低いのか湿度が高くないのか、割りと走りやすい気候で助かった。
 右のハムストリングスと左の膝の辺りに軽い違和感というか疲労感が有る。特に休むほどじゃない。ちょっと気になるくらい。
 スカイセンサージャパンを買ってから、走るときにはずっとこれを履いている。ゲルフェザーほどピッタリでは無いけれどだいぶ足に馴染んできた。そろそろ裸足で履いてみようかな?と言うところ。

ラン 13km

|

« プールを独占 | トップページ | 噴射ポンプの銅ワッシャ交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プールを独占 | トップページ | 噴射ポンプの銅ワッシャ交換 »