« こう言うのを電機と言うのか? | トップページ | 小トランジスタの固定 »

2009年6月12日 (金)

We shall overcome

0612 昨日の続きで出側インバータの、ダーリントンの子亀?トランジスタを付けた。朝飯を食べて直ぐにガレージに行き、仕事を始めるまでになんとか付いた。
 被覆アークの棒と自作の遠隔スイッチを使って取り合えずの試験をする。直流TIG、交流TIG、手棒、パルス、クリーニング幅、全てOKに成った。ハハハ。愉快愉快。
 電流値などの微調整は出来ていないので、それは昼飯の後にやった。クランプ式の電流計を溶接ケーブルに噛ませ、本体の電流計とか設定VRとの整合性を調整した。
 古いままのVRを交換していないので、今の段階であまり厳密に調整しても意味がないかもしれない。クリーニング幅のVRなんか10kが実測で22kまで変化してしまっていた。
 かなり苦労したけど、インバータTIG機を修理して使えるようになるまであと一息。最初は駄目かと思いかけたけど、地道に回路を追いかけてトラブルシューティングをやっていったら光が見えた。
 この先も壊れるかもしれないけれど、もう今までの私とは違う(^^)。基本的な構成とかこの手のトランジスタをドライブするノウハウとか、大まかにだけど把握できてしまった。高い確率で修理できる。
 この機械が壊れないで安定して稼働を始めたら、今のアーク溶接機に高周波回路と電磁弁を追加して、自作のTIG溶接機でも作ってみようかと思う。

 今日は通常日程のプールの日。ちょっと不安なことがある。エイミーちゃんの送り迎えをしないといけない・・・。
 若干緊張しながら(笑)家まで軽トラで迎えに行った。「スポーツカーで迎えに来ました」と言ってみたけど、小学6年生にはイマイチ受けが悪かった。。。心拍数が少し上がった。
 学校のこととか色々話していたら、意外と普通に会話が繋がってプールまで到着してしまった。良かった。無言の時間が延々と続いたらどうしようかと思っていた。2年目の皆生のスタート前よりも緊張していた。ホッとした。
 今日はレッスンの前に結構泳いだ。クロールで肩を回す、肩から回す、と言われる感触が少し解ったような気がしたから、なんとか物にしたいと思って続けて泳いでみた。時々良い感じの時がある。
 今日はクロールと平泳ぎのドリルが主体だった。平泳ぎは手が悪い。身体の前でお祈りするようなタイミングの時、もっと胸の前の方で肘と肘が合わさるイメージに成るらしい。私は身体の横に肘が着いていた。キックのドリルもイマイチ出来なかった。
 反対にクロールの腕のドリルは良い感じだった。ドリルの出来は解らないけれど、片側が2回腕回しのドリルの後、普通に泳ぐと腕がグルグル軽快に回った。宮中の水泳部のヤツも同じ感想を持ったらしい。
 帰りもカボチャの馬車でエイミーちゃんを家まで送った。蛍の話とか、方向音痴の話をした。もう緊張しなかった。

スイム 2.0km

|

« こう言うのを電機と言うのか? | トップページ | 小トランジスタの固定 »

コメント

> 若干緊張しながら(笑)家まで軽トラで
>迎に行った。「スポーツカーで迎えに

我が家にもあるけど、後ろフルオープン、
2シーター、ミッドシップだから
ピュアスポーツカーだ思う(^_^)

投稿: ihatovo | 2009年6月13日 (土) 10時02分

 我が家のはサンバーなのでRRです。ポルシェですね。でもこんな話が小6の女の子に通じるはずがありません(笑)。

投稿: みつやす | 2009年6月13日 (土) 11時15分

ついにやりましたね~。
すごいですね。
電気、関係に詳しい人が羨ましいです。
今日、泰平楼に行きましたが麺が1玉しかなく一杯のラーメンを親子3人で分け合って食べるというわびしい事態になってしまいました。

投稿: にしやん | 2009年6月13日 (土) 21時43分

 機械科出身なので詳しくは無いです。何時も泥縄式で問題が起こってから調べてます(笑)。
 暇なときにインバータ機の溶接具合を確かめに来てください。確かにちょっと違うけど、TIGが有るか無いかの差に比べたら小さな差ですね。

 泰平楼は悲しい事に成りましたね。宮若市民としてお詫び申し上げます。あそこのワンカップで水を飲むのが何となく好きです。

投稿: みつやす | 2009年6月13日 (土) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こう言うのを電機と言うのか? | トップページ | 小トランジスタの固定 »