« スカイセンサージャパン | トップページ | 何と戦っているのだろう? »

2009年6月28日 (日)

3種目

 午前中はバイキング練習会。07:00にユリックスに着いたら誰も居らず、場所を間違えたかと思った。レース明けと言うことも有って参加は3名だけ。長浜は遅刻で途中から合流。
 ジャパンで疲れている人達に、前回以上に付いていこうと思っていたけど、私の前にはジャパンでランが不調だった武友さんしか居ない。
 しかも調子が悪いのか2名なので私の練習効果を考慮してか、前に出なければ・・・と感じるようなスピードに落ちるときが有る。数回は悩みながらも無視したけど、無視してはいかん様な気がしてきて前に出た。
 今までの一瞬だけ先頭に立ちました。ではなくて、今日はしばらくの間は先頭を引いた。かなりキツかったけどよい経験をさせて貰った。
 自転車の集団走行に於いて、私が弱いと感じていた坂道では積極的にしかけた。前が集団だと置いていかれてしまうけど、ロングから1週間の武友さん一人なら、数回に1回は前に出ることが出来た。フルスペックでは相当力が違うけど、ハンディー有りなら何とか相手にして貰える感じ。

 ランはユリックスの外周路を、3km、3km、2km、2km、の合計10km。最初の3kmでは自分で予想した程度離されて走りきった。これは悪くなかったと思う。次の3kmは少しバテておしまい、1本目よりも5秒くらい遅くなってしまったと思う。
 問題は3本目と4本目の2km。前をいく武友さんがどんどん離れていく。2kmと言うことでペースアップしていると思われる。でも私の身体にはこれ以上ペースアップする余裕は残っていなかった。
 3本目の2kmは3kmのペースで。4本目の2kmはそれからキロ10秒くらい遅れてゴールした。時計を持ってなかったので正確じゃ無いけど、まあ大きくは違わないと思う。

 帰ってから昼飯を食い、少しだけホッとしてからB&Gに行った。気力が充実していると言うよりも、暑い中のランで水が恋しく成ったから。
 子供が沢山いた。係員のオッチャン達が、一番端のコースにロープを張って泳げるようにしてくれた。子供がロープにぶら下がってこっちを見ている。小さなプレッシャー。。。
 呼吸のタイミングを中心に、自分なりにドリルを繰り返してみた。少し解ったかな?と思ったのは、左右の両方で呼吸できるくらい身体と顔を傾けて泳いだとき。
 このリズム「右・左」と泳いでいくと、手が顔の下を掻くくらいのタイミングで口が水から出始める。今までの私のタイミングよりも相当早い。
 先生が言っているのはこのくらいのタイミングじゃ無いのか?と思いながら、左右に口を出すイメージで泳いでみた。そんな泳ぎを続けていると、先日のサイドキックの意味が少しだけ解ったような気もする。

 帰り道は適度な疲労感と満足感で気分がよく、若宮経由で少しだけ大回りして帰ってきた。明日は休もう。でも体重が増え気味なので食べすぎにだけ注意か?

スイム 1.6km
バイク 100km
ラン 10km

|

« スカイセンサージャパン | トップページ | 何と戦っているのだろう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スカイセンサージャパン | トップページ | 何と戦っているのだろう? »