« 今日は田舎のお父さん | トップページ | 抵抗の劣化 »

2009年5月 6日 (水)

再びMAXIMA

0506 夕食後に次男と三男が数学の宿題をしている。次男はグラフと微分とかの関係が分かるように成ってから面白くなったらしい。
 三男は勉強とは縁のない生活をしていたけど、今の高校に誰もが解る形でドベで(笑)入学した事が刺激になったのか、別人のようにと言うとウソになるけど、ポツポツと勉強をしている時がある。
 三男の因数分解を次男が見ていたらしく、「MAXIMAあったよね!?」と聞いてきた。取りあえず出来たような気もするけれど、もう一段階出来るんじゃ無いのか?別のスマートな纏め方が有るんじゃ無いのか?と不安に成ったらしい。
 そう言えば長男の時も同じ様な話になり、MAXIMAで確認した記憶が有る。これも遺伝子の仕業か?
 MAXIMAは賢いので1秒もかからずに答えを教えてくれた。取りあえず無難に手堅く纏めた答えで良かったみたい。
 ついでに次の問題もやってみた。やはり瞬間で答えが出てくる。何回試してもMAXIMAはすごいなあ。。。三男は次の問題を間違えていたようで、「アッ」と小さく叫んで居なくなった。

 昨日から家の回りの作業ばかりしている。必要なことだけど気分の高揚感が無い作業でやりがいが無い。精神を病んでもいかんのでプールに行く事にした。
 風がメチャ強い。でも時間が十分あったので自転車で気楽に漕いでいった。無風と同じ速度を得ようとするとキツいけど、無風と同じ出力を出すようにすれば全然キツくない。当たり前だけど大半の自転車乗りは気がついていない(笑)。
 この法則は非力な電動スクーターに乗っていて思いついた。電動スクーターのモータはコントローラによって駆動され、コントローラはスロットルからの命令に従ってモータに電気を送る。
 その時の走りや速度の変化を体感していくと、定出力の走りというか速度変化という物が解ってきた。
 プールでは50m単位でドリルをした。前回できなかった顔を正面に向けて上げたままでのクロール。なかなか出来ない。取りあえず肩が硬いことを言い訳にしておこう。
 手と脚のタイミング。これはやっぱり出来た気になっていると以前の悪い癖に戻っている。前で手を溜める感じがなくなってしまう。なかなかに難しい。

 今日は暑かった。今季初の短パンにTシャツでプールに行った。若宮の辺りで自転車に乗った中学生くらいの女の子とすれ違った。
 肩が紐でヒラヒラ生地のワンピースを着ていた。後の荷台にはジャージ姿の女の子が乗っている。クロールの息継ぎをするように顔を捻りながら目が追っかける。
 横に嫁さんが居て怒られたら、筑豊版のThe girls in their summer dresses.だ(笑)。

スイム 1.2km
バイク 28km

|

« 今日は田舎のお父さん | トップページ | 抵抗の劣化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は田舎のお父さん | トップページ | 抵抗の劣化 »