« 草焼き | トップページ | タコメータ試験機 »

2009年4月21日 (火)

SHR-300が壊れた

0421  コイン通りのナフコで買ってから、ずっと使っていたリューターSHR-300が壊れてしまった。買った段階で既に芯が振れているのが解るような安物だったけど、まあ私の作業レベルならそれなりに使えて重宝していたのに。
 福岡に帰ってからはチェンソーの目立てにも使い始めた事もあり、4,000円位の商品にとっては過酷な使用状況だったのかもしれない。定格も連続じゃ無かったような気がするし。
 どうも界磁コイルが過熱して絶縁が悪くなってショート気味に成っている感じ。プラスチックの筐体の隙間にぎっちりと詰め込んであり、巻き替える気分に成れない。
 仕方ないから新しいのを買おうか。今でも売っている同じ物でも良いけど、日立とか高速電機の高級品も悪くない。新品は数万するので買えないけど汚い中古なら買える。

 まだ太腿は痛いままなので走ったり漕いだりは出来ない。仕方ないので今日もプールに行くことにした。漕げないのでXSで。
 1時間券を買って直ぐに着替えて水に入る。今日も太腿にビート板を鋏んでプルのドリル。リズムはだいぶ良くなった気がする。右の息継ぎだけ顔のタイミングが遅い。
 もう一つ気がついたのは右の息継ぎの時の方が最後までプッシュ出来ない。左で息継ぎすると最後までプッシュ出来ている。この差はどこから来ているのか解らない。
 取りあえずそんなことを色々考えながら一人でドリル。右隣のコースには高校生くらいの女の子が2名。体型と水着から高校水泳部だろうと思う。スイミングクラブの選手コースじゃ無かろう・・・。そのくらいは解るように成ってきた(笑)。
 とは言っても私が敵う相手じゃ無い。彼女らの横で低レベルのドリルを続けるのは少し辛い。でも他のコースは空いてないから仕方なくドリルを続けた。
 最後の方になって良く見る速いアンチャンが来た。しかも私のコースに。泳ぎ始めた頃の私なら止めてしまうけど、少しは度胸が付いたのでそのままのサークルを保って泳ぎ続けてみた。
 向こうはずっと上級者なので、私のサークルの間に丁度はまる位のタイミングで泳ぎ始めてくれた。スキーと一緒だ。低レベルの者は自分のペースで行けばよい。上級者が調整してくれる。
 プールのルール的にはこれで良いのかどうか解らないけれど、他のコースの状況を眺めて私のところに入ってきた訳だから、今日の私は自分のサークルを回していれば良かったような気がする。

スイム 1.2km

|

« 草焼き | トップページ | タコメータ試験機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 草焼き | トップページ | タコメータ試験機 »