« 万能工具研削盤 | トップページ | エステー化学のニトリルゴム手袋 »

2009年4月29日 (水)

筍倒し

0429 午前中は筍を倒して回った。竹山の分は何となく考えて良い位置だけを残すように。杉山と檜山の分は根こそぎ全てを倒しまくる。
 そもそも杉山とか檜山に筍が生えること自体が可笑しいのだけど、まあ今の日本では普通の事かもしれない。
 記憶を辿ってみると「杉山に筍を掘りに行く」とか、「檜山の筍は根が浅い」とかの言葉は幼い頃から聞いていた。竹林なのにどうして杉山と言うのだろうと思った事も有る。と言うことは40年くらい前から竹を放置状態だったと思われる。
 せっかく伐採して植林した杉や檜なのに、なぜ竹をはやしてそのまま見過ごして居たのかが解らない。植林はしてみたものの手っ取り早く収穫できる筍の方が深層心理的に歓迎出来る植物だったのかもしれない。
 かなりの杉や檜が竹に押されて枯れたりやせ細ったりしている。もう手遅れかもしれないけど、取りあえず竹を駆除してみようかと思っているのが今の私。
 画像は納屋の裏の竹。帰ってから直ぐに納屋から5mの範囲の竹を息子達と切ったのだけど、その部分の筍を倒すなと婆さんが主張する。近所の人が穂先を取りに来るかもしれないから・・・等というとってつけたような理由だけど、そんなもん知らん!と蹴倒すのも抵抗が有るので残してある。
 このまま成長させたら大変な事になる。来週くらいまで待って誰もとりに来なかったら、全部を倒して回るしかない。

 午後からは竹を倒した。チェンソーを持って行ってガンガン倒した。でも実際は倒した後に切ったり移動したりするのでチビチビしか進まない。
 杉山の一画に杉しかないゾーンが出来た。太陽光がはいってそこだけ明るい。なんか嬉しい。植生が変わって下草類が沢山生えてくるかもしれない。

 夕方から自転車でプールに行った。腕のタイミングがだいぶ修正出来てきたと思うのだけど、それは腕だけでの話し。キックを合わせるとメタメタ。
 今日の目的は修正した腕のタイミングとキックのタイミングを合わせること。難しい。今になって気がついたけど、今まで私は8ビートで泳いでいたような気がする。
 6ビートに直すために「1・2・3」と数えながら泳いだ。「いーち」だけを少し強く口ずさむと良い感じに成る。
 いつものアンチャンが居た。九工大と書いたスイミングキャップも居た。こういう人と一緒に泳ぐのはやっぱりプレッシャーがかかる。

スイム 1.0km
バイク 28km

|

« 万能工具研削盤 | トップページ | エステー化学のニトリルゴム手袋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 万能工具研削盤 | トップページ | エステー化学のニトリルゴム手袋 »