« 溶加棒とオレンジブック | トップページ | 勝負42.195k »

2009年4月11日 (土)

竹切り

 今日も朝食後に草刈。昨日は山に入って細い木がなかなか切れないなと感じたので刃をチェックしてびっくり。チップが全て取れていた。
 そう言えば石垣の近くとか、気の回りに並べて有る石の回りなどもガンガン刈っていたから仕方ない。でも草なら関係なく刈れていたのが凄い。
 新品の刃に交換して山に行ってみた。今度はスパスパ切れた。新しいうちは石に当てないように気をつけて刈っていこう。

 午前中は仕事をした。残りが有ったのだけど部品が無いと出来ない作業ばかりに成ったので午後は止め。
 山の竹が気になったので今日は竹切りをする。チェンソーと鉈を持って山に行き、取りあえず杉山に入り込んだ竹を切っていく。
 帰ってきた頃は竹がそれこそ密集していて、古いのが斜めに倒れていて1本倒すのも一苦労だった。その頃に比べたらずいぶん楽に倒れるように成ってきた。4本に1本くらいは素直に最後まで倒れてくれる。
 15:00に一旦休憩したけど、その後も山に入って竹を切った。久し振りにチェンソーを振り回したので手と肩が怠い。

 竹切り作業で十分すぎるほど身体を酷使したので、今日のトレーニングは無し。直接的な効果はないと思うけど、総合的な意味で身体によい刺激に成ったとは思う。

|

« 溶加棒とオレンジブック | トップページ | 勝負42.195k »

コメント

ああ~あの長い溶接棒は溶加棒と言うのですか?
特別な工員が使ってたやつです。

自分の山とか土地とかが沢山あってチョット羨ましい、椎茸とかが栽培できますね。

小中学校とか、あまり体育系が得意でなかった様に
言われますが、今では過酷なトライアスロンで優勝
するくらい凄いんですね。
日々の鍛錬をかかさずやると、もう年でもそこそこ出来る様になるのでしょうかね~

数年前、運動会で体育委員をした時1500m競技のとき、自分のチームの出場者が棄権したため、責任をとらされ走るはめに・・・。
まあ学生の頃は、得意な方だったし・・・。
出場者のスタイルを見ると、切れ上がったパンツをはいた、いかにもトライアスロンとかに出場しそうな奴ばかり、あと中学生と当時たいしたことなかった同級生は(消防署勤務)とか・・・奴なら周回遅れだったし、まあアイツくらいには勝てるょ・・・
結果僕はどべから3番だった・・・奴にまで負けた。
今の自分の体力のなさを思い知った。

いつぞやTVで生態ポンプの一生涯に打つ回数は平均的には同じ位と外国の何処かの学者が言ってたけど、何か違う気がする。
毎日数十Kmの光安さんまでは無理でもゆっくりでも4~5Km位は
走ってみようかな~
最近メタボ体型だし・・・。

投稿: 少年C | 2009年4月12日 (日) 02時13分

 利益を生み出さない山は固定資産税が発生するだけの負の資産なんですよね。手入れしないのはご先祖様に申し訳無いような気がしてやってますが、けっこう大変です。森林環境税でハスクバーナのチェンソーくらい支給してくれても良いと思うのですが(笑)。

 走る方は回りのオッサン連中がやってないだけです。基本能力の高いヤツが練習すれば、彼らの方が直ぐに先に行くでしょう。

 心拍数に関してですが、運動中の心拍数が相当上がっても、平均心拍数が下がった時間が長いので長生きできる計算にも成りますよ。総心拍数上限理論的にも走ることは大きなマイナスには成らない気がします。

投稿: みつやす | 2009年4月12日 (日) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 溶加棒とオレンジブック | トップページ | 勝負42.195k »