« RZV500RのCDI | トップページ | MacBookの配達はBMWで »

2009年3月10日 (火)

ダイナモ試験機

0310 ほぼ材料が揃ったのでダイナモ試験機を作り始めた。今までは旋盤に取り付けて試験して居たけれど、加工中だったり最高回転数が低かったりして制限があった。そこで専用機を作ってしまおうと。
 実際は古いDCダイナモだけに使う訳じゃ無くて、界磁制御のオルタネータも回すし永久磁石のオルタネータも回す。ディストリビュータも回すしポイントやフルトラ用の磁石なんかも回す。正確に呼ぶなら「汎用回転試験機」とでも名付けた方が良いかも。
 名前だけは何となく格好いいけど、不要品のコンパネを使って居たりして人にはあまり見せたくない仕上がり。CチャンにSSの座を貼って機械加工した方が良いかもしれないけれど、基本はVベルト駆動で考えているので、或る程度は適当でも回ってしまうと思う(笑)。
 モータは今まで旋盤に付いていた三相0.4kW。インバータは三相入力の中古品で安川のベクトル制御出来るヤツ。左上の爆弾みたいなのはハムフェアで買ったコンデンサで作った倍電圧ユニット。右下の高級そうなモータは永久磁石界磁オルタネータの代わりに使ってみる予定の中古のACサーボ。
 4Pのモータを90Hzで駆動したら2700rpm。これをVベルトで3倍に増速して8100rpm。大怪我しないようにコンパネで丈夫なカバー付けて、怖々短時間なら行けるかな?と言う感じ。

 昨日の疲れを回復する予定でトレーニングは休み。昼間は天気が良くて暖かいけれど、夜中にガレージでゴソゴソしていたら凄く寒い。明日の朝は冷え込みそうな気配。

|

« RZV500RのCDI | トップページ | MacBookの配達はBMWで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RZV500RのCDI | トップページ | MacBookの配達はBMWで »