« 買った方が安い | トップページ | 類猿人くらいには成った気がする »

2009年3月30日 (月)

きちんと準備すれば最低限の結果は出る

0330 嫁さんの実家から今日が賞味期限の饅頭が届いた。饅頭と言うよりもあんこの塊にしか見えない。質量比なら99%があんこである。JASに饅頭の規定が有れば多分外れていると思われる。
 しかも1個の大きさが野球のボールくらいある。これを昼飯の時に昼飯とは別に食べてしまった。今日は何が何でも走らないといけない。

 天気も悪くないので予定通りに走りに出た。いつものコースをぐるっと回って帰ってきた。2日間もサボってしまったので脚や体に痛かったり怠かったりする部分が無い。
 力強く地面を蹴る感じがあって心地良い。腕を前後に大きく、気持ち的には肘を前後に大きく振るイメージで走った。
 流石にエネルギーが満ちあふれているので、今日は最後までキツくならなかった。毎日チビチビ走るよりも、エネルギーが充満して疲労が無い状態でガツンと走った方が効果的かもしれない。

 夜は旋盤のねじ切りバイトのセット用ゲージを作った。正式には何という物なのか解らないけれど、今まで私は目分量でバイトをセットしていた。
 ところが先日から雌ねじ切りの作業が続いてしまい、その際に小さな雌ねじ用のバイトは目分量ではセットが難しいことを体感してしまった。そこで精度が悪くても無いよりはマシだろうと思ってゲージを自作してみた次第。
 廃材入れに転がっていたステンレスの1tの板を長方形に削りだし、大中小の3個の60度V溝をヤスリで彫り込んだ。
 効果を見るために鉄筋を削った棒にねじを切ってみたのがこの画像。バイトの刃先の高さもきちんと合わせてみた。外周部を削る時の周速もメーカの資料に極力近くなるようにセットしてみた。すると今までよりも綺麗なねじ部とその横の円筒部が出現してしまった。
 同じ機材を使っていながら、今までは微妙なセッティングであえて良くない削り方をしていたことが解る。一気に素晴らしい状態には成れないけれど、きちんとした段取りで望めばそれなりの結果が得られる。トレーニングでも同じだろう。
 誰でもが解っていて、どんな分野でも当たり前の事ではあるけれど、それがなかなか出来ないのが人間の弱さと言うものかもしれない。

ラン 13km

|

« 買った方が安い | トップページ | 類猿人くらいには成った気がする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 買った方が安い | トップページ | 類猿人くらいには成った気がする »