« 怪我の功名 | トップページ | ステンレス線はニクロム線 »

2009年2月27日 (金)

取りあえず出来た

0227 RZV500RのCDIだけど、やっと配線部分だけは掘り出せたので試験基板に接続して仮のケースに入れた。預かっていたジェネレータコイルとか点火コイルと一緒に返却。
 あとは組み上げて試験して貰い、色々とフィードバックを貰って仕上げていくことになる。
 不安要素は山盛り。フライホイールが無くてパルス幅などが想像でしかない。パルスの基準位置がクランク角度に対してどの程度なのかも想像。正常なCDIが有れば解析できるけど手元のは壊れている。。。
 取りあえずエンジンがかかって欲しい。そして何とか走れるくらいの回転が得られれば、あとはメールや電話でも何とかなると思う。お手数ですが試験をよろしくお願いいたします。

 今日はプール。レッスン中に腹が減ってたまらないので、先週から行きがけにコンビニで小さなパンなどを買って食べるようにしている。なかなか具合がよい。
 今日は中学生が来ていないし世話人のオバチャンも来ていない。そういうことも有ってか全員で同じドリルだった。こう言うときは楽だけど難しい事が多い。
 平泳ぎのドリルが延々と続いた。プルブイを太腿に鋏んでのキックが難しかった。力を抜けと言われるけどどこを抜いて良いのか解らない。ハムストリングスがつりそうになる。頑張ろうとすると泡と音ばかりで進まない。はぁ。。。
 いつもは土曜日に来ている近所のトライアスリートも来ていた。あしたは学校の行事か何かが有るらしい。ずいぶん上手くなったようで脅威を感じてしまう。身長も20cm以上高いし。
 最後は彼と二人だけでクロールのメニュー。25mをしっかりと泳ぎ向こう岸で5秒間休憩。それを10本繰り返すメニュー。「力を抜いたら楽だけど、それじゃ全然練習に成らん」と最初に言われる。嫌なこと言うなあ(笑)。
 全力だと死ぬのは解っているので9割くらいの力で泳ぐ。小さな泳ぎに成らないように心掛けた。肩から回すように。腕を戻すときに肩を大きく水面から出すくらいの気持ちで。
 取りあえず彼には勝った。10本泳いだ時点で1本とちょっと位の差を付けることが出来た。
 それにしてもキツい練習だった。終わった後でハアハア言っていたら、「心肺機能がまだまだ。この練習を40本くらい出来ないと駄目」と言われた。
 帰りの更衣室でも練習の話になり、綺麗な泳ぎを作るのも大事だけど、キツい練習で心肺や持久力も付けないと駄目だという話になった。
 始めた頃はこんな話は全く出なかった。自分自身も勝手に泳ぎすぎると変な泳ぎに成ってしまいそうな気がしていた。そろそろそういった練習もして良いと言う事かもしれない。
 すこし気持ちが前向きになっている。

スイム 1.1km

|

« 怪我の功名 | トップページ | ステンレス線はニクロム線 »

コメント

今晩は。お久しぶりですね。こちらのブログは今も時々見させていただいてます。

今度はCDIですか。うまくいったら是非例のページに、XS1タイプのPICコントローラのソースを載せて下さい!! テーブル方式、興味あります。
私のZはみつやすさん式のフルトラが付いてから、一歩も前進してないですが(笑)

ところで、秋月の2SK3192とうとう無くなったみたいですね。壊れないFETだったのに・・・残念。

投稿: Lotus Bloom | 2009年2月28日 (土) 19時36分

 RZV500Rは一発で巧く行くかどうか解りませんが、プログラムはシミュレーションでは問題なく動いています。XSは手元で検証できるのでスムーズに行くでしょう。
 CDIは点火だけ考えていれば良いので楽ですが、フルトラの方はドエルタイムを考える必要が出てくるのでプログラム量が2倍くらいに成ってしまいますね。
 イグナイタ用は最近は専用のIGBTを使っています。専用品だけ有って壊れません(^^)。必要でしたらお分けします。

投稿: みつやす | 2009年2月28日 (土) 22時23分

>必要でしたらお分けします。

おお、有難うございます。後ほど、こちらからメール差し上げますので、よろしくお願いします。

投稿: lotus_bloom | 2009年3月 1日 (日) 11時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怪我の功名 | トップページ | ステンレス線はニクロム線 »