« 綺麗なXSを見てきた | トップページ | 出来る時に出来る事を »

2008年11月 3日 (月)

ウインカーリレーの改良

1103 昨日の午前中、北九州まで行くときに不調になってしまった自作のウインカーリレー。出発前に慌ててケースに組み込んで、試験もせずに出たのが悪かった。
 回路自体に問題が有ったのかもしれないし、慌てた作業で変なことをやったのかもしれない。取りあえず両方を疑って4521に加わる電圧を12Vに制限する回路を追加し、新たな基板に組み直した。
 S氏が垢抜けたφ32のアルミパイプに組み込んでいたので、なんか負けられない気分になってこんなケースを作ってみた。パッと見はオリジナルに見える?
 組み込む前にふと思いつき、MOSFETのDとSの間に12Vのリレーを繋いだ。動作の度にカチカチ音がするようになった。ちょっと嬉しい。
 動作時の音が無いのは寂しいので、以前から色々と考えては居た。でも旧車に電子音ではなんか興醒めで似合わない。爺さんがユニクロのTシャツを着ているような感じがする。
 エンジンをかけたら聞こえない程度の音だけど、キーを入れただけで試験するとカチカチ言う。音がすると不思議な安心感が有るのは何故だろう。

 午後からは亀田さんが来たのでグライダーの今後や最近のパソコンの話を聞いた。両方とも私の頭の中に有るときから大きく変わっている。
 その後は例の水道管と排水管の廻りを少し埋めた。最後までやりたかったけど、モルタルが完全に"乾いて"居ないような感じだったので途中で止めた。
 そう言えば高校生くらいまでは、コンクリートは水分が"乾いて"固くなると思っていた。コンクリートヨットの自作記事か何かで、水をかけてなんたら・・・と言う部分が不思議だった。
 化学反応とかを授業で習っているはずなのに、全然生きた知識に成っていなかった訳だ。でも海苔の乾燥剤に水をかけたら熱くなるのは、何らかの反応だろうと言うのは幼稚園の頃から考えていた。自分の頭の構造が解らない(笑)。

|

« 綺麗なXSを見てきた | トップページ | 出来る時に出来る事を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 綺麗なXSを見てきた | トップページ | 出来る時に出来る事を »