« たまには図書館 | トップページ | あわてん坊のサンタクロース♪ »

2008年11月28日 (金)

本気で解ったかもしれない

 今日のプールは先生が都合で来られなかった為に自主トレ。でも皆さんの気合いが入っていてウォーミングアップは地獄の800mを自主的に。スイム・キック・プル・スイムをそれぞれ200mx4。
 その後、今日の私はキックの鬼になった。なんとかしたくて、何かを掴みたくて、ビート板を持ってずっとキックばかりしていた。
 先生から怒られたり、後ろから来る小学生やオバチャンに抜かれる心配はない。そう言った精神的な安堵感から、普段よりも力が抜けていたのかもしれない。
 25mを泳ぐ度にキツいのは変わらないのだけど、それでも1時間を延々とキックし続ける事が出来たのは驚きだった。
 変化が訪れたのは最後の10分くらい。半分くらいヤケになって脚をブルブルと小さく振ってみたりしていたとき、なにか普段とは違う感触が有った。
 あっ、これが先生の言う力を抜くという事かもしれないと思った。劇的には進んでいないけど、使ったエネルギに対して得られる推進力は相当増えているのが実感できる。
 身体の感触的には脹ら脛の肉がダルダルになって、水流でプルプルヒラヒラもてあそばれて揺れている感じ。
 その後はこれが何かを掴もうと、同じ様な感触を維持しながら数本を泳いだ。脹ら脛の肉が揺れる様に、そして膝から下は無いと思って太腿で膝を上下させる。上下の速度は今までよりも速めに。
 こんな感じだった。膝から下に力が入っていて、その力が膝から下の形を流体的には好ましくない形状に保持していたのでは無かろうかと思った。
 膝から下のコントロール意識を放棄する。その状態で膝は今までよりも激しく上下するのだから、水圧によって膝から下は内輪のようにしなりやすくなる・・・こんなシナリオでは無かろうか。
 ちょっと嬉しかったので1時間が過ぎても泳ぎ続けた。この状態を半年くらい続けたら、オバチャンに周回遅れにされずに済むように成るかもしれない。

スイム 1km

|

« たまには図書館 | トップページ | あわてん坊のサンタクロース♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たまには図書館 | トップページ | あわてん坊のサンタクロース♪ »